[特許]マツダ、インホイールモーター駆動装置の特許を出願

マツダは、ホイールのリムの内周側空間にインホイールモータを備えた駆動装置に関する特許を出願しています。

特開2019-194052 インホイールモータ駆動装置

【課題】コンパクト性と冷却性能とを両立することができるインホイールモータ駆動装置を提供する。

本発明の目的は、コンパクト性と冷却性能とを両立可能なインホイールモータ駆動装置等を提供することである。

この車両Vは、車体前部に内燃機関であるエンジン3が搭載され、主駆動輪である左右1対の後輪2を駆動するFR(Front engine Rear drive)車である。
また、主駆動輪の後輪2は、エンジン3の代わりに主駆動モータ4によっても駆動され、副駆動輪である左右1対の前輪1は、副駆動モータであるインホイールモータ(以下、IWMという)5によって所定の運転領域に駆動されている。

主駆動モータ4は、例えば、48Vで駆動される25kWの永久磁石同期モータ(PMモータ)によって構成され、48Vのバッテリ8(例えば、3.5kWhのリチウムイオンバッテリ等)の電流を変換するインバータ7から交流電流が供給されている。

マツダ、インホイールモーター駆動装置の特許を出願

マツダ、インホイールモーター駆動装置の特許を出願

特開2019-194052 | 知財ポータル「IP Force」(インホイールモータ駆動装置)

他にも4件の類似特許を出願しています。

フォローしませんか?