マツダ副社長、SKYACTIV-X国内発売延期の理由を説明

マツダ副社長、SKYACTIV-X国内発売延期の理由を説明

藤原大明神こと、マツダ副社長である藤原氏が、日本でのSKYACTIV-X搭載車の発売が遅れた理由を分かりやすく説明しています。

日本向けはレギュラーでもハイオクでもOK

まずは、「真相」を話している分です。

SPCCIエンジンには、シリンダー内の圧力を計測するセンサーが付いています。それを使ってモニタリングしながら制御を変えれば、お客様がレギュラーを入れても、ハイオクを入れても、最高の性能を出すことができる。その対策に2カ月かかったんです。それがスカイアクティブX搭載車の発売が遅れた真相です。

で! 藤原氏の話をざざっとまとめると…。

  1. 国内向けSKYACTIV-Xは、レギュラー仕様でピストン形状も、圧縮比も日本仕様で作り込んでいた
  2. 「X」は、ノッキングさせながら走っているようなものだから、ノッキングしやすいレギュラーの方が合っている
  3. レギュラー仕様の「X」にハイオクを入れてもハイオク本来の性能は出ない
  4. そこで、レギュラーでもハイオクでも性能が出るように対策する必要があった

SKYACTIV-Xに使う燃料は、「レギュラーでハイオクでも」という点が大事で、ハイオク指定ではなく、ハイオク推奨です。ハイオクを使えるようにしたので、結果的には、「ハイオクの方がトルクが出ます。馬力も出ます。」となりました。


そして、この話題の最後に藤原氏は、

何か問題を起こしたんじゃないか。だから遅れたんじゃないかとか言う人もおられますが、決してそうではないので(苦笑)。

と言っています。すみません、私もそうかも知れないと思ったクチです。


マツダの切り札「X」、日本発売延期の真相 (4ページ目):日経ビジネス電子版

 

フォローしませんか?

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    スカイXのGとD(6気筒)搭載車は、やはりmazda6になるのではないかと妄想しています。何故なら現行mazda6が異例にも息の長いモデルになってしまっているということ!車種を増やす余裕がなく、mazda3がある程度のセダンの需要を満たしているということ‼︎SUV車が充実したバリエーションを揃えてる!!!後はやはり待ち遠しいのが次期mazda2、スカイXの1.5Lを載せた低燃費車がマツダの将来を左右することが考えられる為、その登場に期待してやまない。