マツダ、CX-8にサンルーフや2列目電動化など装備の充実化を実施

マツダ、CX-8にサンルーフの追加などの商品改良を実施

マツダ、CX-8にサンルーフや2列目電動化など装備を充実させ、11月28日より発売します。

CX-8の主な改良点

今回の商品改良では、多人数車でも美しい、走りもデザインも洗練された、大人のロングツアラーとして、利便性や快適性を向上しました。電動スライドガラスサンルーフや3列目シートの充電用USB端子などの装備を追加したほか、塗布型制振材の採用により雨粒がルーフを叩くことで発生する騒音を低減させ、上質感を高めました。
【MAZDA】「MAZDA CX-8」を商品改良|ニュースリリース

多人数(3列シート)車としてのさらなる進化

  • L Packageの2列目ベンチシートにワンタッチウォークインスイッチを追加
  • L Packageにナッパレザー素材を採用したウォークスルータイプのキャプテンシートを追加
  • XD PROACTIVE S Packageにブラックのレザーシートを採用
  • 25S PROACTIVE、XD PROACTIVE、XD PROACTIVE S Packageにセカンドシート シートヒーター(左右席)を採用
  • ウォークスルータイプのキャプテンシート車(25Sを除く)に、2列目用カップホルダー&充電用USB端子を採用
  • 一部グレードの3列目シートに充電用USB端子を採用

オフロード・トラクション・アシスト

  • 新開発「オフロード・トラクション・アシスト」をAWD車に採用。悪路における想定外のスタック時にも、AWDとトラクション・コントロール・システム(TCS)の協調によって接地輪への駆動力伝達を最大化して、悪路からのスムーズな脱出を実現。さまざまな路面環境において安心・安全の走行性能を提供

パワートレイン

  • SKYACTIV-G 2.5モデルにAWDを、SKYACTIV-G 2.5Tモデルに2WDを追加設定し、すべてのエンジンモデルにおいて2WDとAWDが選択可能

快適性・静粛性の向上

  • WVGAセンターディスプレイのサイズを大型化(7インチ→8インチ)
  • ルーフ部に塗布型制振材を採用し、雨粒がルーフを叩くことで発生する騒音を低減
  • 開閉及びチルトアップできる電動スライドガラスサンルーフ(チルトアップ機構付)を一部グレードに設定
  • サブトランクボックスの奥行きを拡大(ボーズサウンドシステム非装着車は84L(前モデル比+19L)、ボーズサウンドシステム装着車は56L(前モデル比+8L))

特別仕様車「Exclusive Mode」の専用装備

  • シートの前後スライドと背もたれの角度を調整できる2列目シートの電動スライド&リクライニング機構
  • シートと体の間の空気を吸い出して、蒸れや熱のこもりを解消する2列目シートのベンチレーション機能
  • スイッチ操作で2列目シートバックが倒れ、シートが前方にスライドする電動ウォークイン機能
  • 2列目シートのアームレスト付コンソール

新グレード「XD PROACTIVE S Package」の主な装備

  • ブラックのレザーシート(6人乗り/7人乗り)
  • 運転席及び助手席のシートヒーター&シートベンチレーション
  • 自動防眩ルームミラー(フレームレス)
  • 7インチマルチスピードメーター(TFTカラー)

メディア

MAZDA TVCM「NEW MAZDA CX-8 家族との帰宅」篇30秒2019年10月~
MAZDA TVCM「NEW MAZDA CX-8 娘たちのコンサート」篇30秒2019年10月~


MAZDA CX-8|クロスオーバー SUV|マツダ

マツダ、CX-8にターボを含む2.5Lガソリンエンジンを追加するなど商品改良を実施し、11月29日より発売すると案内しています。

ようやく国内仕様のCX-8にもサンルーフが設定されましたね。なぜ、最初からこうしなかったのでしょう(不思議、不思議)。どんどん豪華になっていきますが、多人数でカジュアルに乗りつぶせるようなグレードもあればな、と思います。

 

フォローしませんか?