Mazda6、IIHSの安全性評価で2019トップセーフティピック+を獲得

Mazda6が、IIHS(米国道路安全保険協会)による安全性評価で2019トップセーフティピック+を獲得しています。

2019 Mazda6 TOP SAFETY PICK+

Mazda6、2019トップセーフティピック+を獲得Mazda6も2019年型の後期モデルでヘッドライトの性能が変更になったのか、IIHSでの評価が変わりグレード別ながら「トップセーフティピック」を獲得できました。

2019 Mazda6の評価


「トップセーフティピック」を獲得できたのは、「GRAND TOURING RESERVE」と「SIGNATURE」の2つのトリムレベルだけです。

このトリムでも2019年7月生産以前ではヘッドライトの評価は「Acceptable」でした。
Mazda6、2019トップセーフティピック+を獲得

2019年6月以降に生産された車のヘッドライトの評価が「Good」になり、「トップセーフティピック」の獲得に繋がりました。


2019 Mazda 6

その他の2019MYのマツダ車はというと

いまのところ「トップセーフティピック」を取り返したのは、2019 Mazda6と2019 CX-92019 CX-5です。フルモデルチェンジしておきながら2019 Mazda3は「+」評価ではありません。2019 CX-3も「トップセーフティピック」です。