[リコール]マツダ、豪州でもSKY-D 2.2の制御プログラム不良

豪州マツダは、SKY-D 2.2のエンジン制御プログラムが不適切なため吸気シャッターバルブに煤が付着することで最悪エンジンが停止するとしてリコールを実施します。

Mazda3 MY2014-2016, Mazda6 and Mazda CX-5 MY2012-2018 Recall

What are the defects?
The affected vehicles may accumulate carbon deposits in the intake shutter valve, in addition to premature wear of certain engine components.

What are the hazards?
If carbon deposits accumulate in the intake shutter valve or the vehicle experiences premature wear of certain engine components, the following symptoms may be presented:
– A gradual drop of engine power.
– Multiple warning lights to display on the driver’s dashboard.
– A gradual increase in vehicle stopping distance.
– Potential engine stall with no re-start.
– Smoke may emit from the engine compartment.

If any of the above symptoms occur, there is an increased risk of an accident or injury to vehicle occupants and other road users.

Product description

  • Mazda3 (BM):Model Years 2014-2016
  • Mazda6 (GJ, GL):Model Years 2012-2018
  • Mazda CX-5 (KE, KF):Model Years 2012-2018

Diesel vehicles only
35,476 affected vehicles

Dates available for sale
26 January 2012 – 10 August 2018

Mazda Australia Pty Ltd — Mazda3 MY2014-2016, Mazda6 and Mazda CX-5 MY2012-2018 | Product Safety Australia

リコールの内容から日本でのリコールと原因が同じではないかと思われます。日本では吸気側バルブスプリング交換という大事になってしまう車もありましたが、リコールの対策が、エンジン制御プログラムの書き換えだけで済んでいるので不幸中の幸いですね。

ただ、日本でのリコール発表よりもずいぶんと間が空いているのが気になります。

マツダは、SKY-D 2.2の不具合によりエンジン停止やアイドリングストップが作動しなくなるなどのおそれがあるとして、アクセラ、アテンザ、CX-5、CX-8の235,293台をリコールします。
広告
 
 

フォローしませんか?