北米マツダ、2019年9月のセールスレポートを発表。ほぼ全車種前年割れ

北米マツダが、2019年9月のセールスレポートを発表しています。CX-3を除く全車種で前年割れになっています。

2019年9月の北米マツダ販売実績

「不振」が続いています。2019年9月は、18,838台を販売し前年同月比で11.4%となりました。CXシリーズも前年割れてしているのが痛いです。2019年1月からの累積販売台数は、208,167台でが11.5%でした。

各車ごとに見ていくと、

  • 乗用車の2車は、Mazda3が同24.3%、Mazda6が同47.3%と大きくマイナスになっています。
  • CX-3は、9月で同18.9%増と、唯一前年同月比でプラスになりました。CX-5は同2.0%、CX-9は同3.4%減とこの2車はわずかにマイナスでした。それでもCX-5は10,000台を超えています。

北米マツダ、2019年9月のセールスレポートを発表

メキシコのセールス

メキシコでは、全社で前年同月比9%減の4,296台を販売しています。2019年1月からの累積販売台数は前年同期比で6%増の38,480台になりました。


Mazda Reports September Sales Results | Inside Mazda

カナダのセールス

カナダでは、5,843台を販売しましたが前年同月比4.2%でした。乗用車は同2.53%減と大きくマイナスになりました。CXシリーズは同10.0%増とカナダでは比較的好調でした。

CX-5が同15.1%増、CX-3が同12.9%増と好調でしたがCX-9は同25.2%と率では大きく落としています(台数では103台です)。

i-ACTIV AWDの需要は高く、Mazda3の39.4%が、CXシリーズに至っては86.7%のユーザーが選択しています。


Mazda Canada reports sales for September 2019 – Oct 1, 2019


日本でのマツダの株価に影響が出ています。

マツダが反落し、前日比27円30銭(2.8%)安の965円10銭を付けた。1日発表した9月の米国新車販売は前年同月比11%減の1万8838台だった。今年に新モデルを投入した小型車「マツダ3」の販売が低調で、米国事業の先行き不透明感を嫌気した売りが出ている。

<東証>マツダが反落 9月の米新車販売、11%減を嫌気  :日本経済新聞

 

フォローしませんか?

コメント

  1. Eg より:

    マツダの不振はデザインにこだわりすぎて、居住性や操縦性を犠牲にしたことや、高価格が原因と思います。内装に力入れた一方、エンジンショボくしたのだから、価格はトントンであるべきなのに、値上げしたりするから、完全に戦略ミス。デザインはサイドの光の写り混みなんて、どうでもよくて、視認性や居住性考えるべきなのにおかしな方向に行ってしまった。コストパフォーマンスが良い車が売れているのに、自己満足と現実に見合わないブランド化進めている。cx30も後部座席狭い。スカイXは燃費40キロ目指していたのに、半分も達成できなかった。失敗作なんだから、高価格の価値がないのに、勘違いしている。いろいろずれているので、早めに修正すべきだ。車はいいのだが、売り方や力のいれどころが、まちがっている。