[動画]河口まなぶ氏、Mazda3の重箱の隅をつつく

河口まなぶ氏が、LOVECARS!TV!を更新、自身で高く評価しているMazda3の細かい弱点を9個つついています。でも、そんなに細かくはないと思いますよ。

河口まなぶ氏から見たMazda3の9個の弱点

重箱の隅! マツダ3編
  1. ドア:形状が美し過ぎて開閉に異常に気を遣う

    気になる時は、ドアエッジモール(4本セット)をどうぞ。
  2. リアドアの開閉音:薄っぺらい音が響く
  3. レザーの色艶、質感の違い:色艶が微妙に異なる・ステッチの入り方やレザーのたわみが違う
  4. シフト周りのパネル:美しいパネルなのだが、傷や汚れが目立つ
    [動画]河口まなぶ氏、Mazda3の重箱の隅をつつく
  5. 電動Pブレーキの解除感覚:解除されるときの挙動が大きい
    [動画]河口まなぶ氏、Mazda3の重箱の隅をつつく
  6. 1.8Dの乗り心地:路面によって乗り心地の良し悪しが大きく変わる
  7. HUD画面の振動:他のHUDでは見たことのない振動
    [動画]河口まなぶ氏、Mazda3の重箱の隅をつつく
  8. ステアリングアシストの作動領域:この領域はマツダの走りを主張するのではなく、ユーザーの意思や利便性を尊重したい部分
    [動画]河口まなぶ氏、Mazda3の重箱の隅をつつく
  9. ACC等でのブレーキ制御の質感:荒い制御や作動はマツダ3本来の上質な走りを阻害する要素
    [動画]河口まなぶ氏、Mazda3の重箱の隅をつつく

最後には、多少Mazda3を持ち上げてます。

動画メディアによるダメ出しは、メーカーに対して効果がありそうですけど、リアベンチレーターが無いことや後席にUSBポートがないことは指摘しないですね。だから、マツダは平気で設定しないんですよ。


「VWゴルフを完全に超えている」発言の動画はこちら。

2019年1月27日17:01に日本での新型Mazda3のレビュー公開がOKになったようです。LOVECARS!とCar Watchなどでレビューを公開しています。
 

フォローしませんか?

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    新型カローラが3ナンバー化された事で賛否両論あるようですが、個人的には良く出来ている車に思えます。スタイリングも三代目カローラ30を思わせるもので、らしさが出ていると思うのと、その当時の30を知っている人は多少懐かしさも感じるのではないでしょうか!