マツダの北米専用SUVのサイズは「CX-30」以上「CX-5」以下?

マツダの北米専用SUVのサイズはCX-30とCX-5の中間?

日経新聞によると、マツダが2021年にアメリカで発売を予定しているアメリカ専用SUV「CX-X」のサイズは、「CX-30」と「CX-5」の中間らしいです。

「CX-X」のサイズは、「CX-30」と「CX-5」の中間?

部品メーカーなどによると、米国専用の「CX-X」は「CX-30」と「CX-5」の中間のサイズ感で開発を進めているという。マツダは需要が伸びており、一台あたりの利幅も大きいSUVで集中攻勢をかける。

年内には主に北米市場向けに、メキシコ工場で新型SUV「CX-30」の生産を始める。米国ではこれに加えて主力の「CX-5」、大型の「CX-9」、新工場でつくる「CX-X」など、SUVだけで多くの車種がそろうことになる。

現状、マツダのSUVはサイズは違えど、それぞれのデザインは似通っている。他メーカーもSUVの品ぞろえを増やすなか、マツダとして各SUVをどう売り分けるのかが焦点になる。

マツダが挑む「脱コスパ頼み」 米市場にご当地SUV: 日本経済新聞

マツダのBセグ、CセグのSUVサイズを並べみました。CX-4を表に入れたので分かり難くなってしまったかな?

CX-3、CX-30、CX-4、CX-5の寸法比較
CX-3 CX-30 CX-4 CX-5
全長 4,275mm 4,395mm 4,633mm 4,540mm
全幅 1,765mm 1,795mm 1,840mm 1,840mm
全高 1,550mm 1,540mm 1,530mm 1,705mm
ホイールベース 2,575mm 2,655mm 2,700mm 2,700mm
最低地上高 160mm 170mm 210mm 210mm

CX-Xは、CセグSUVの中でもラグジュアリー指向ではないかと予想します。それはそれとして、アメリカでは、狭いスペースをめがけて縦列駐車する必要がなさそうな、全長はあえて短くすることもありません。後席のサイズはどのくらいの広さを確保するのでしょうか。ここが一番肝心でしょう。

すると、全長、全幅はCX-4並で全高は1,600mmあたりでしょうか?

関連記事
マツダCX-30とプレミアムブランドのコンパクトSUVを比較してみました。ただ、データがきちんと揃いませんでした。
中国新聞が、マツダが2021年頃に米国市場に投入を予定しているSUVはCX-4クラスになると伝えています。
広告
 
 

フォローしませんか?

コメント

  1. jomon より:

    CX-5がFRベースになり価格も上がるので、安価なFFベースのSUVが欲しいんでしょうね。

    CX-4の車高をやや上げて、割安のCX-40を中米で展開するのが良さそうですけどね。

  2. マツダファン より:

    私もラグジュアリークーペSUVとして、CX-40を米中に展開すると思います。数を出せる車になるでしょう。そして日本には導入されず、羨望の眼差しで見つめることになるでしょう・・・。