マツダ、マツダコネクトを「Ver.70.00.351」にアップデート

マツダ、マツダコネクトを「Ver.70.00.351」にアップデート

マツダは、マツダコネクトのCMU(コネクティビティ・マスタ・ユニット)プログラムを「Ver.70.00.351」に更新すると案内しています。

マツダコネクト プログラム Ver.70.00.351の主な変更点

今回の変更点は、唯一つ「ナビゲーションの一定の条件下において、自車位置の動きが不安定になる現象を改善」だけでした。


6月にバージョンアップしたばかりなので、注釈に

[Ver.70.00.335] と [Ver.70.00.351] のリリース期間が短かったため、今回は両方のバージョンの変更点(Ver.70.00.110に対して)を掲載しています。 尚、[Ver.70.00.351] にも [Ver.70.00.335] の変更点は含まれていいます。

とあります。

対象車

  • デミオ
  • MAZDA2
  • アクセラ
  • アテンザ
  • MAZDA6
  • CX-3
  • CX-5
  • CX-8
  • ロードスター
  • ロードスターRF

対象は、マツダコネクトを搭載したMazda3以外の全車種です。


【マツダコネクト】プログラムVer.70.00.351の主な変更点について

マツダは、マツダコネクトのCMU(コネクティビティ・マスタ・ユニット)プログラムを「Ver.70.00.335」に更新すると案内しています。