2019年8月新車乗用車販売台数ランキングが発表になりました

Mazda3の今月の販売台数も3,000台を超え、マツダ車の中で唯一30位以内にランクされました。

2019年マツダ車新車販売台数(一覧表) – 黄色い部分は、30位圏外になった月を示しています –
CX-8
〈1,200台〉
Mazda6
〈1,000台〉
アテンザ
〈1,000台〉
CX-5
〈2,400台〉
Mazda3
〈2,000台〉
アクセラ
〈2,000台〉
CX-3
〈2,000台〉
デミオ
〈5,000台〉
ロードスター
1月3,1055793,3071,1501,0362,516432
2月3,1666604,0871,6101,6063,653476
3月4,3928976,3341,5201,9466,474600
4月1,2793322,01756865662,337179
5月1,3413072,1991,6824687852,711391
6月1,5071942,2571,5912397602,816339
7月1,627434392,5633,6682265913,133308
8月1.37858952,0543,916962071,778325
9月
10月
11月
12月
8月CX-8Mazda6アテンザCX-5Mazda3アクセラCX-3デミオロードスター
合計17,7951,0233,01324,81810,8625,9957,49725,4183,050
平均2,2245123773,1022,1727499373,177381

8月に一番売れたマツダ車がMazda3です。しかも月販目標の2倍近く売れています。「売れていない」と言われていますが、そんなことはないです。しっかり売れています。ただ、派手に売れていないだけ。

その代り、CX-3がやばいですね。モデル末期といえばそうなのですが、CX-30待ちでしょうか。フルモデルチェンジは…ありますよね??

デミオは、フェイスリフトと改名で持ち直すといいのですが…マツダのCセグ、Bセグは「乗れない、積めない」なので、地力で比較されると弱い部分が顕になってしまいます。


乗用車ブランド通称名別順位 | 統計データ | 一般社団法人日本自動車販売協会連合会