マツダ、中国で「CX-30」を商標出願

マツダは、中国で「CX-30」を商標を出願しています。他にCX二桁シリーズも合わせて出願済みです。

マツダは、中国で「CX-30」を商標を出願しています。他にCX二桁シリーズも合わせて出願済みです。

マツダの中国での商標登録状況

国家知識産権局商標局でマツダが出願・登録された商標を検索してみました。ざっと見ると…。日付の新しい順なので上にCX二桁シリーズが見られます。

マツダは、中国で「CX-30」を商標を出願しています。他にCX二桁シリーズも合わせて出願済みです。「MAZDA CX-30」の他に「MAZDA M HYBRID」やMAZDA MX-30」もあります。

MAZDA6 SPORTSCROSS

これまで日本、アメリカ、EUでマツダが出願した商標をチェックしていますが、「Mazda6 SPORTSCROSS」を見るのは初めてです。どんな車を想定した商標だったのでしょうね。こんな感じでしょうか?

中国ではMazda3ハッチバックの代わりにCX-30を生産

长安马自达将不会上市两厢版全新马自达3,但之后预计会国产CX-30。

(長安マツダが新しいMazda3のハッチバックバージョンにリストされないことを知りましたが、国内で生産されるCX-30であると予想されます。)

长安马自达将国产CX-30全新SUV 比CX-3尺寸大-网上车市

中国では、セダンに人気があり、SUVががよく売れるのであれば、ハッチバックを退けるのも戦略なのでしょう。

広告
 
 

フォローしませんか?

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    ニューモデルマガジンXの最新号のニューモデル発売予定表というページがあり、何となく見ていると、来年の10月だったか?新型コンパクトカーと出ていました。本屋さんで立ち読みをして購入はしてないのですが、ちょっと気になってしまいました。mazda1なのでしょうか?今のところ、それらしき情報は無く想像の域ではありますがデミオからマツダ伝統の1.3Lを無くした事で、以前デミオより小さいコンパクトカーが出るのではっと妄想した事がありました。これは単に妄想した事では無く、アジア向けとしてコンパクトカーを開発するのではという記事を見た事があるからです。やはり国内では1.3Lカーは必需品と考えれば妄想ではなく現実に登場して欲しいです。mazda1‼︎