2019年7月新車乗用車販売台数ランキングが発表になりました

2019年7月新車乗用車販売台数ランキング

Mazda3が、本領を発揮し始めたのか?3,000台を超えました!2,000ccの販売が効いたかな?

2019年マツダ車新車販売台数(一覧表) – 黄色い部分は、30位圏外になった月を示しています –
CX-8
〈1,200台〉
Mazda6
〈1,000台〉
アテンザ
〈1,000台〉
CX-5
〈2,400台〉
Mazda3アクセラ
〈2,000台〉
CX-3
〈2,000台〉
デミオ
〈5,000台〉
ロードスター
1月3,1055793,3071,1501,0362,516432
2月3,1666604,0871,6101,6063,653476
3月4,3928976,3341,5201,9466,474600
4月1,2793322,01756865662,337179
5月1,3413072,1991,6824687852,711391
6月1,5071942,2571,5912397602,816339
7月1,627434392,5633,6682265913,133308
8月
9月
10月
11月
12月
7月CX-8Mazda6アテンザCX-5Mazda3アクセラCX-3デミオロードスター
合計16,4174343,00822,7646,9465,8997,29023,6402,725
平均2,3454344303,5251,7378431,0413,377389

Mazda3の販売台数がようやくそれっぽくなってきました。「X」を除く70%分で3,668台が売れたということは、すべてのグレードが発売されるとピークでは、4,000台を超えそうです。ピークを超えた後は、月販目標くらいで収まってくれるといいのですがね。


乗用車ブランド通称名別順位 | 統計データ | 一般社団法人日本自動車販売協会連合会

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    MAZDA3が走ってる姿を街角で初めて見ました。思ったより車高が低く見え、2ボックス・スポーツカーの様に感じる程、かっこ良かったです。スカイXが登場すれば、より沢山売れる気がします。

  2. ヒーユンジ より:

    新型車が出て、その出始めに販売台数が良いのは、各ディーラーのデモ車を登録したりする為、どうしてもいきなりどっかーんと売れている様に思われます。それと、ここ近年はティザー段階で予約を取る傾向があることから、その分を含めて余計に初期段階で販売台数が良いのではないかと思われます。その為、本当の意味の販売台数は、約半年を経過して以降の数字が大事なのではないでしょうか。マツダは過去40年間、国内販売は多少の上下はあるもののほぼ月間販売台数は15000台を前後しています。あまり上を見ず安定して利益が出ることを祈りつつ、見守っている次第です。