[動画]マツダ、SKYACTIV-Xのすごい点をおさらい

[動画]マツダ、SKYACTIV-Xのすごい点をおさらい

イギリスマツダが、「Xの価値って何?」と題する動画を公開しています。「X」の良さをしっかり伝えないと!、ですよね。

WHAT IS THE VALUE OF X

The All-New Mazda3 with Skyactiv-X

The All-New Mazda3 ushers in the first of our next-generation powertrains; Skyactiv-X.

Featuring Mazda’s unique Spark Controlled Compression Ignition (SPCCI) technology, Skyactiv-X is the world’s first production petrol engine to exploit the benefits of compression ignition.

The 2.0-litre 180PS Skyactiv-X offers drivers the free-revving performance of a petrol engine but with emissions as low as 96g/km and up to 52.3mpg combined cycle economy.

Additionally, high-grade Skyactiv-X All-New Mazda3 models are available with the option of all-wheel drive.

キーポイントをキャプチャーで振り返ります。

より多くのパワー(最高出力)は、180PS(MX-5 RFには184PSの2.0Lが載ってますけど)。
[動画]マツダ、SKYACTIV-Xのすごい点をおさらい[動画]マツダ、SKYACTIV-Xのすごい点をおさらい

より効率的、52.3MPG(18.51km/L)。
[動画]マツダ、SKYACTIV-Xのすごい点をおさらい[動画]マツダ、SKYACTIV-Xのすごい点をおさらい

より低排出量、96g/km CO2(ただし、グレードにより差があり)。

なんと言っても、世界初の量産されたHCCI技術を用いたエンジン!


マツダが伝えるこの価値にプラス67万円とか払えますか?


MAZDA3|SKYACTIV-X搭載グレード ファストバック – SKYACTIV-Xラインナップ|マツダ

欧州仕様SKYACTIV-Xの試乗レポートが、どどどっと公開されました。おおむね好評ながら「これぞSKY-X!」という決め手が足りない印象のようです。
広告
 
 

フォローしませんか?

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    スカイアクティブX、まずはmazda3に2.0Lが搭載され、そのデビューが待たれますが、個人的には現時点で知る限りは高額なイメージが強く暫くは販売にはあまり貢献出来ないのではと思っています。今、国内で売れる要素にやはり購入金額というのは、比重が大きい気がします。よって本当に真価を問われるのは、小排気量エンジン搭載車が出てからではないかなと思います。そこで、金額に見合った価値を感じられる事が出来れば自ずと売れ、ならば排気量の大きい2.0Lにも反映され、販売を伸ばせられるのではないでしょうか。最近のTV番組は、その先は、その結果はどうなるのか身を乗り出した瞬間CMに移ったりするような、勿体ぶった場面が多く見られる様になりましたが、あまり待たせる様な回りくどい事をせず、クイックに、ダイレクトにして欲しいという思いがあります。マツダさんもその傾向があるのかな!スカイアクティブX、1.5Lになるのかわかりませんがマツダさんの鍵を握るのは、やはりこの小排気量スカイXではないのでしょうか。