[リコール]マツダ、豪州でもエンジン停止と再始動不可の恐れ

マツダは、オーストラリアでもエンジン制御ソフトのエラーによりエンジンが停止、再始動ができない恐れがあるとしてリコールを実施します。

Mazda6 (GL) and CX-5 (KF) MY2018-2019 and Mazda3 (BP) MY2019 Recall

What are the defects?
The Power-Train Control Module (PCM) software which controls the cylinder deactivation function may not operate correctly, and may cause an Intake Valve Rocker Arm to move out of position and make contact with other internal engine parts.

What are the hazards?
The malfunction indicator light may illuminate, the engine may lose power and may stall without the ability to restart, increasing the risk of an accident and injury to vehicle occupants and other road users.

Product description

  • Mazda6 (GL):Model Years 2018-2019
  • Mazda CX-5 (KF):Model Years 2018-2019
  • Mazda3 (BP) with 2.5 litre (PY) petrol engine:Model Year 2019

18,719 affected vehicles

Dates available for sale
16 February 2018 – 11 May 2019

Mazda Australia Pty Ltd — Mazda6 (GL) and CX-5 (KF) MY2018-2019 and Mazda3 (BP) MY2019 | Product Safety Australia

北米マツダは、2018-2019 CX-5とMazda6、2019 Mazda3のパワートレインコントロールモジュール(PCM)の不具合でエンジンが停止する可能性がるとリコールを実施します。

北米向けということではなく、同じエンジンなら同じ不具合が出る可能性があるということなんですね。日本国内でも気筒休止システムを採用している2.5LガソリンがCX-5などに載っているので不安になりますね。