トヨタ、マツダとの合弁工場で新型SUVを生産へ

トヨタは、アラバマ州にマツダと建設中の新工場でカローラの代わりに新型SUVを生産すると発表しています。

トヨタも新工場で新型SUVを生産

トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)は、2021年より完成車生産を行うマツダ株式会社(以下、マツダ)との合弁新会社「Mazda Toyota Manufacturing, U.S.A., Inc.(以下、MTMUS)」におけるトヨタ向け生産ラインでの生産予定車種を、「カローラ」から「新型SUV」へ変更いたします。

米国マツダ・トヨタ合弁新工場、トヨタの生産予定車種を変更 | コーポレート | グローバルニュースルーム | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト

MTMUSでトヨタとマツダはそれぞれ15万台ずつを生産します。当初、トヨタは「カローラ」をマツダは「新型SUV」を生産すると発表していました。マツダは15万台のうち半分をトヨタにOEM提供するとの話でした。

ここにきて、トヨタも新型SUVを生産するとなると、SUV市場でのマツダの取り分が減るだけですよね。

トヨタは、アラバマ州に建設中のマツダとの新工場で生産する車種をカローラから新型SUVに切り替える方針だそうです。


MTMUS アーカイブ » T’s MEDIA

 

フォローしませんか?