マツダ、EU域内で「MX-30」を商標出願

マツダは、EUIPO(欧州連合知的財産庁)で「MX-30」という商標を出願しています。「MX二桁」は初です!

マツダ、新しい命名規則を他のシリーズにも適用

マツダは、数字二桁の命名規則をMXシリーズにも適用しました。現在MXシリーズで使われているのは、MX-5(ロードスター)のみです。

マツダ、EU域内で「MX-30」を商標出願
マツダは、最近になって日本国内で「MAZDA MX-6」を商標出願しています。この時は、まだ一桁でした。

この商標の数字が「30」ということは、CX-30と同じCセグメントの車なのでしょうか。それより、「MX」というからにスポーツ色が濃い車を指しているのでしょうか。

とりあえず、商標を確保しただけかもしれませんが、色々と妄想が広がります。


EUIPO – eSearch

広告
 
 

フォローしませんか?

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    従来車型がマツダ2、3、6と一桁となり、SUV系がCXー30等の二桁となり、ご存じロータリー車はRXで、MXとなると皆さんMXー6やロードスターのMXー5を思い浮かべることと思います。MXの二桁という事は、マツダニューゼネレーションの名称としてスポーツ系に二桁を使用すると言う事なのでしょうか。という事は、現行モデルにスポーツ系はロードスターのみである為、新たに6気筒スポーツ系とは別にマツダ3ベースのスポーツセダンかクーペが今後登場する事になるのか、本気でマツダはBMWやベンツと渡り合おうとしているのか!環境問題を考えると、そこまでの余裕は無いはずなのだけれど、あまり無茶をしない様にお願いします。

  2. jomon より:

    MX-30は、2x2のFR2ドアクーペですかね。

    MX-5へのSKY-2.0X塔載と共に、
    Cセグメントスポーツ投入なら面白いですね。

    RX-30も欲しいですね。