[リコール]マツダ、気筒休止機構の不具合でCX-5とアテンザをリコール

マツダは、気筒休止制御プログラムが不適切なため最悪の場合、エンジンが停止する恐れがあるとしてKF系CX-5とアテンザを対象にリコールを届け出ています。

CX-5、アテンザのリコールについて

リコール開始日

令和元年6月28日

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

エンジン制御コンピュータにおいて、気筒休止制御プログラムが不適切なため、気筒休止から復帰する際、バルブクリアランス調整機構が誤作動することがあります。そのため、ロッカアームが脱落して周辺部品と干渉し、エンジン失火による出力不足が発生して、最悪の場合、エンジンが停止するおそれがあります。

対象車

マツダ、気筒休止機構の不具合でCX-5とアテンザをリコール

改善措置の内容

全車両、エンジン制御コンピュータの気筒休止制御プログラムを対策プログラムに修正します。


CX-5、アテンザのリコールについて|リコール・サービスキャンペーン等情報


またエンジン、また制御コンピュータ不具合です。SKY-Xが思いやられます。