新型Mazda3、SKY-G 2.0も良いらしい

新型Mazda3、SKY-G 2.0も良いらしい

まだ、プロトタイプのようですが、クローズドコースで開かれたMazda3の試乗会でのレビューが各所で公開されました。

公開されたレビューからいくつかピックアップして、どんな車を推しているのかが書かれている部分を引用しています。自分の興味・関心のある部分になっているのは言わずもがなです。

SKYACTIV-Xはマツダを愛する人向け

この記事は、試乗レビューではなく横浜で開かれたイベントのものですが、面白いので…。

新型マツダ3のグレード・仕様の選び方について質問されると、「買い物や通勤、一泊二日の旅行ならガソリン車で充分満足できます。遠出の割合が多いならディーゼル車の方が疲労が少なくランニングコストも節約できます。SKYACTIV-X搭載車は『俺はマツダ上級者だ、マツダ車を愛している』という方が『人馬一体』を味わうのに最も適した、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所を併せ持ったものになっています」と、用途に応じた選び方を指南していた。

新型マツダ3の開発秘話や最先端技術を惜しみなく披露!「サステイナブルZoom-Zoomフォーラム2019 in横浜」が開催|MotorFanTECH[モーターファンテック]

2.0Lがベストバランスなのだが

あくまで短時間試乗での第一印象では、ハッチバックの独特の “なで肩” デザインや明確に高級感のあるインテリア、意外に割安な価格設定……に加えて、マツダが提唱する骨盤ドライブ(?)のフィーリングが肌に合えば、安価な1.5ℓガソリンや国内では独自性のある1.8ℓディーゼルなら “まあ買い” の物件といえそうだ。

マツダとしては「価格と性能のバランスがもっともいい」という2.0ℓガソリンがイチオシらしいが、日本の自動車税制や昨今のトレンドのなかではどうにも選びにくいのは、2.0ℓが国内で途中廃止された先代アクセラのときと変わりない。

国内試乗 マツダ3(新型アクセラ) 1.8ディーゼル/セダン2.0ガソリンを評価 – 初試乗 | AUTOCAR JAPAN

国内向けのエンジンは、何故か先代からキャリーオーバーなんですよね。価格上昇を嫌ったのか、高出力版のSKY-G 2.0 M Hybridを用意できなかっただけなのか。

2.0Lに格上感を感じる

逆に踏んでいくときに、室内に入ってくるエンジン音の素晴らしさが、2.0リッターガソリンエンジンに格上感を与えているのだった。なんとも言えず、実にいい音がする。まるで4気筒じゃないみたいに、低く勇ましく、素晴らしいエンジンサウンドを奏でていたのだ。対してディーゼルはやはり、音に関してはさほど魅力的ではない。音だけでなく、加速のときの吹け上がりのキメの細やかさから来るコントロールのしやすさ、アクセルの応答性の良さもガソリンが突出している。

マツダ 新型MAZDA3 セダン/ファストバック試乗│マツダ新世代を牽引するニュータイプの実力とは(2/2)|【徹底検証】2019年新型車種ー試乗レポート【MOTA】

ボディのしっかり感や乗りやすさはセダンが上

ボディのしっかり感は、リヤに大きな開口部を持つファストバック(ハッチバック)よりも独立したキャビンを持つセダンの方がやはり一枚上手。大差とはいえないものの、ハンドリングで走らせた時のドライバーとの一体感は若干上に思えましたし、後方、斜め後方の視界も含めてセダンの方が乗りやすいという印象。

スムーズな走りの「セダン+ガソリンエンジン」の組み合わせも魅力【新型Mazda3試乗】 | clicccar.com(クリッカー)

わざとじゃないのですが、2.0Lを褒める記事ばかりでした。AWDの設定がないのでSKY-G 2.0は、北海道では試乗車が配備されるのか気がかりです。


おまけ:
【試乗インプレ】クローズドコースで新型「MAZDA3」に試乗。超低速走行で感じた個性の違い / “人間の体”を徹底的に研究したクルマ作りがもたらしたものとは – Car Watch


Mazda3 アーカイブ » T’s MEDIA

 

フォローしませんか?