マツダ、救急自動通報システム(D-Call Net)に8月末から対応

マツダ、救急自動通報システムに8月末から対応

中国新聞によると、マツダは、事故の自動通報から緊急出動までをシステム化した、救急自動通報システム(D-Call Net)に8月末から対応するそうです。

マツダは、交通事故の際に車から破損状況を自動通報し、乗員のけがの程度を消防や医療機関に伝える全国規模のシステムに参加した。5月に国内で発売したマツダ3に、一部を除き通信端末を搭載している。8月末から自動通報サービスに対応する。

事故状況を車から自動通報 マツダ3、8月末から対応 | 地方経済 | 地域・写真ニュース | 中国新聞デジタル

マツダは、今後発売する新型車にも端末を搭載する方針だそうで、「乗る人のことを一番に考えた車造りの姿勢と一致するシステム。より多くの顧客に安心、安全を届けられるよう積極的に展開する」としています。


マツダ|コネクティッドサービス サービス一覧|オーナー/カーライフ

マツダは、2019年発売の新型車から救急自動通報システム「D-Call Net」を搭載します。
広告
 
 

フォローしませんか?