マツダ、CX-30を8月から国内向けに生産開始、受注は夏にも

マツダ、CX-30を8月から国内向けに生産開始、受注は夏にも

報道によると、マツダは、新世代コンパクトSUV CX-30の国内向けの生産を8月にも始め、受注も夏にも始まる可能性があるとのことです。

国内向けは8月から生産開始

マツダは4月に本社宇品工場(広島市南区)で欧州向けにCX―30の量産を始めた。8月に国内向けの生産を始める予定。メキシコ工場でも年度内に生産を始めて北米市場に投入する。

CX―30、年内に国内発売 マツダが新世代商品第2弾 | 中国新聞デジタル

受注は夏にも始まる可能性

「CX-30」は3月にスイスで開かれた「ジュネーブ国際自動車ショー」で世界初公開された。マツダは今夏に欧州から販売を始める予定だが、その後の世界での投入スケジュールは明らかにしていなかった。秋をメドに国内の顧客に納車する見込みで、受注は早ければ夏にも始める可能性がある

さらに気になるのが価格設定だ。マツダは走行性能や安全装備の強化を理由に、車両価格を徐々に上げてきている。「CX-30」の価格は現時点で公表されていないが、「CX-3」と「CX-5」の価格を勘案すると、300万円台が中心になる可能性がある

マツダ、新型SUV「CX-30」を国内発売 2019年秋  :日本経済新聞


関連記事

中国新聞によると、マツダは、今夏発売予定の新型コンパクトSUV CX-30を4月中にも宇品工場で量産を始めるそうです。
中国新聞によると、マツダは、次世代コンパクトSUV・CX-30をメキシコ工場で生産することが明らかになったそうです。


Mazda3の「X」グレードが登場する前にCX-30の詳細が分かりそうです。価格が分かるとCX-30に対する評価が少し違ってくるかもしれません。

それと気になるのが、室内寸法。多くの人が思っている通りの大きさだと良いのですが…ただ、マツダのCセグに十分な広さがあるとは思えないです。

広告
 
 

フォローしませんか?