マツダの今後のエンジン戦略、SKYACTIV-Xを中心に展開

Automotive News Europeにマツダ丸本社長のインタビューが掲載されています。ヨーロッパにおける二酸化炭素排出量削減減策と今後のエンジン戦略について色々と書かれています。

欧州の記事なので二酸化炭素削減策としてのEVやPHEVが主題になっていますが、個人的にそこは軽くスルーして、IBE(内燃機関)についてふれている質問・答えをピックアップしています。

翻訳は、勿論グーグル先生によるものです。

マツダの今後のエンジン戦略

Why is Mazda so far from the target?

私たちの排出量が130g/kmを超えているのには2つの理由があります。まず、当社のベストセラーモデルはCX-5中型SUVです。第二に、私達の小さいモデル、Mazda2とMazda3のディーゼルミックスは減少しています。だからこそ、5年前に計画していたものとはかけ離れています。

関連記事:マツダ、SUV比率が増え欧州でのCO2規制がヤバそう

Will Mazda manage to hit the target in 2020 and 2021? How will it do that?

今年発売するSKYACTIV-XエンジンのCO2排出量は100g/km未満です。最後に、2021年から2022年にかけてプラグインハイブリッドモデルを導入します。そのため、2020年にはいくつかの問題が発生しますが、最終的には目標を達成する予定です。

⇒関連記事:欧州仕様SKYACTIV-XのCO2排出量が判明

What is your opinion about the future of diesel in Europe? Will the diesel penetration level stabilize?

我々は、SUVと大型セダンのために、最も効率的なパワートレインが電気モーターと結合されたディーゼルであろうと信じる。

⇒関連記事:マツダが2016年度にもディーゼルハイブリッドを発売するとの報道。燃費はリッター40kmに!?(日付がぐちゃぐちゃですけど)
⇒関連記事:マツダ、ラージ商品群に直6を採用するなどの特徴を明らかに

Will the joint work Mazda is doing with Toyota help you reach the even stricter 2025 and 2030 CO2 targets? When will the first results of this cooperation come to the market?

私たちはトヨタとエンジンを開発していません。マツダは小さな会社なので、私たちはその独自性に注目しなければなりません。そして私たちのエンジンはとてもユニークだと思います。私たちが他の会社と私たちのエンジンを共有するならば、それは私たちの独自性を薄めるでしょう。したがって、これを行う予定はありません。トヨタと共同で新しいEVアーキテクチャーを開発していますが、2020年にはまずマツダのアーキテクチャーに独自のEVを導入する予定です。

⇒某雑誌にマツダの直6をトヨタの車に載せるような記事がありましたが、以前からSKYACTIVエンジンを他社には出さないと言っていたはずなんですけどねぇ…。

What effect will Skyactiv-X engines have on Mazda’s sales in the midterm?

SKYACTIV-Xエンジンには多くの利点がありますが、それを安く販売したくはありません。10年の期間に移行して、私たちのエンジンの多くはSKYACTIV-Xとさらなる新世代のパワートレインに置き換えられるでしょう。

⇒SKY-Xは安くは売らないそうです。でも、CO2削減の切り札のはずですが…。

So are you already working on the following generation of engines?

(次世代のエンジンは)それはまったく新しいアーキテクチャではありません。それはSKYACTIV-Xの進化です。

At the same time, you are not dropping diesel development altogether?

SKYACTIV-Xはガソリンとディーゼルエンジンの一種のハイブリッドなので、この技術を使って新世代のディーゼルを開発することができます

What role will rotary engines have in the future?

私達は私達がRX-8を中断した後でさえもロータリーエンジンの開発に取り組んできました。その最初のアプリケーションはEV用のレンジエクステンダーとしてのものになるでしょう。マツダの中で、私たちは皆、ある日、ロータリーエンジンで動く車を見ることを夢見ています。しかし、やらなければならないことがたくさんあるとすれば、これを後押しする必要があり、時間枠はありません

⇒関連記事:マツダ、REレンジエクステンダーの投入を1年延期


Mazda CEO Marumoto counts on new engine, EVs to reach EU CO2 goal

広告
 
 

フォローしませんか?

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    マツダ3やCX30に搭載予定の2.0スカイアクティブXで、徐々にその内容が明らかにされつつあります。将来的には、直列6気筒のGとDが、そして電動化されたハイブリッド車も後ろに控えているようで、さらには一年先送りになってしまったけれどREレンジエクステンダー、そのまた先にはプラグインハイブリッドと100年に一度の革命期と言われるように矢継ぎ早の開発を手がけている現在です。でもマツダにとって全国民が注目する何かがないと、電動化では遅れをとっている事から、世間の目はそんなにマツダへは向いていない感があるのが正直なところです。そこで最も期待出来るのがスカイXの1.3か1.5になるのかわからないが、リッター40とかリッター50の超低燃費車の開発です。期待しています、スカイXの本命の登場を!