エアロ装着新型Mazda3のテスト車両は噂のハイパー版?

アメリカ・ラスベガスでエアロパーツを装着した新型Mazda3のテスト車両が目撃されました。噂の「ハイパー版」でしょうか?

The Driveが、Redditユーザーが撮影した写真を取り上げています。輸送中のハッチバックとセダンが写っており、ハッチバックには、オートサロン2019で発表された「新型Mazda3 CUSTOM STYLE」のようにエアロパーツが装着されています。

セダンは、Reditユーザーによると「The front one was a 19′ Sedan with a Black grill(フロントはブラックグリルの付いた19インチのセダンでした).」とエアロパーツは確認できないものの、スポーティーに仕上げられていたそうです。

The 2019 Mazda3 is already out, so why are there two of them sporting full camouflage with new aero components?

エアロ装着新型Mazda3のテスト車両は噂のハイパー版?

Possible Mazdaspeed3 Hatch and Sedan Prototypes Spotted in Heavy Camouflage – The Drive

ただし、アメリカのホームページでは、純正オプションとしてエアロパーツは紹介されていません。もしかしたら、単にパーツがらみの何かなのかなぁと思ってたり…。

最初の商品改良で、ターボが追加になったら…それはそれで、嬉しいですが…。

Autocarが伝えるところでは、新型Mazda3の開発主査別府氏自身が、「ハイパー」なグレードを欲しいと話しているそうです。
広告
 
 

フォローしませんか?

コメント

  1. jomon より:

    国内販売のSKY-Xの価格が高過ぎとの声が多いですが、、
    北米と日本には、最初からハイパワーモデルを出すとしたら納得ですけどね。

    220ps、280Nm程度ならルーツブロアーの過給圧を上げて対応するとか、、
    まさかの2.5Xを塔載するとか、、