2019年4月新車乗用車販売台数ランキングが発表になりました(更新)

2019年4月新車乗用車販売台数ランキング発表

今月のマツダの乗用車販売は前年比79.4%だったこともあり、30位圏内に入ったのはデミオのみでした。

4月から新型Mazda3の登録がありましたので追加しました。
2019年マツダ車新車販売台数(一覧表) – 黄色い部分は、30位圏外になった月を示しています –
CX-8
〈1,200台〉
アテンザ
〈1,000台〉
CX-5
〈2,400台〉
Mazda3 アクセラ
〈2,000台〉
CX-3
〈2,000台〉
デミオ
〈5,000台〉
ロードスター
1月 3,105 579 3,307 1,150 1,036 2,516 432
2月 3,166 660 4,087 1,610 1,606 3,653 476
3月 4,392 897 6,334 1,520 1,946 6,474 600
4月 1,279 332 2,017 5 686 566 2,337 179
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

4月 CX-8 アテンザ CX-5 Mazda3 アクセラ CX-3 デミオ ロードスター
合計 11,942 2,468 15,745 5 4,966 5,154 14,980 1,687
平均 2,986 617 3,936 5 1,242 1,289 3,745 422

CX-5は、前年比103.5%でしたが、CX-8は46.6%とツートップの一角が崩れたかっこうです。アクセラは、新型Mazda3の先行予約に流れているために台数が減ったということでいいのでしょうね。


マツダ アーカイブ » T’s MEDIA

コメント

  1. インタープレー より:

    マガジンXさんのツイッターで3が5台登録してあるのがわかりますね