マツダ、REレンジエクステンダーの投入を1年延期

マツダ、REレンジエクステンダーの投入を1年延期

日刊工業新聞によると、マツダは、同社独自技術のロータリーエンジンの市場再投入を少なくとも1年延期するそうです。

コストとリソース不足が原因

マツダはロータリーエンジンを発電動力とする電気自動車(EV)の市場投入を先延ばしする。これまで2020年に発売するとしてきたが、少なくとも1年は延期する。コストが目標に達していないことや、人的な開発資源に余裕がないことなどが理由。エンジンを積まない純粋なEVや、ロータリー搭載EVと同じ車体を使ったエンジン車は予定通り20年の発売を目指す。

マツダが「ロータリーEV」の投入延期、コスト面に壁

ただし、次の車は予定通り2020年に発売予定とのことです。

  • レンジエクステンダーを使わないEV
  • EVと同じSUVの車体を使ったエンジン車

やはり、マツダのEVは、(決算説明会資料にあったように)スモール商品群に属するクロスオーバーSUVになるようです。

REレンジエクステンダーは、トヨタの電気自動車にも採用するはずですが、それでも年間2万台を下回る数しか出ないのでしょうかね。

「とりあえず、マツダのロータリーエンジンに乗りたい」欲求を満たせるのは、もう少し先になりました。

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    開発の過程では多くの困難を伴うものであり、焦らずじっくりと時間を費やして満を持して発売して欲しいです。それまで、どんなに首が長くなっても待ちます、げんばれ!マツダ‼︎