[特許]マツダ、新型Mazda3のバックドアに関する特許を2件取得

マツダは、新型Mazda3のバックドアパネルの構造とドアハンドル取付構造に関する特許を取得しています。

特許6508312 車両用バックドアパネル構造

ランプ収容凹部をアウタパネルとは別部材のランプ収容凹部パネルで構成しつつ、ランプ収容凹部のバックドア外周端部側の縁部(即ち余り深くできない部分)をより一層幅細に形成できる車両用バックドアパネル構造を提供することを目的とする。

マツダ、新型Mazda3のバックドアに関する特許を2件取得

マツダ、新型Mazda3のバックドアに関する特許を2件取得

マツダ、新型Mazda3のバックドアに関する特許を2件取得

特許6508312 | 知財ポータル「IP Force」(車両用バックドアパネル構造)

特許6508313 車両用ドアハンドル取付構造

この発明は、車両ドア(例えばバックドア)の外表面に装飾部材が取り付けられ、その装飾部材にドアハンドルが取り付けられた車両用ドアハンドル取付構造に関する。

装飾部材が幅狭である場合でも、車両ドアに対する装飾部材の取付剛性を十分に確保できる車両用ドアハンドル取付構造を提供することを目的とする。

特許6508313 | 知財ポータル「IP Force」(車両用ドアハンドル取付構造)


新型Mazda3が発表されて間もない頃は、リアゲートの正しい開け方で云々ありましたっけ(笑)…私の記事は間違いでした。

リアゲートの開閉を電動化すると強固な取り付け方法を選択しなくても良くなるのでは…さらに、ハンズフリー機能を加えると…ね。


Mazda3 アーカイブ » T’s MEDIA

広告
 
 

フォローしませんか?