[動画]新型Mazda3 AWDとライバル比較(Subaru Impreza編)

特にAWD者はアメリカで比較するなら「ライバル同士の真っ向勝負」です。U.S. News & World Reportのランキングでは2位と15位です。

新型Mazda3とSubaru Impreza比較

Impreza 5-DoorのU.S. News & World Reportのハッチバックランキングは15位です。新型Mazda3は2位です。

また、走りや装備の比較ではなく、室内寸法に関わる部分の見た目を含んだ比較が主になります。

2019 Subaru Impreza vs Mazda3: Which AWD Hatchback is Better?

比較になるカットをいくつかピックアップします。

運転席(横から)
新型Mazda3
新型Mazda3 AWDとImprezaのライバル比較動画

Impreza
新型Mazda3 AWDとImprezaのライバル比較動画


後部座席
新型Mazda3
新型Mazda3 AWDとImprezaのライバル比較動画膝元の狭さが一番の懸念材料です。

Impreza
新型Mazda3 AWDとImprezaのライバル比較動画この余裕ぶりを見ると、広さを重視するならインプレッサが有利です。


運転席(運転中)
新型Mazda3

Impreza
同じドライバーではないので、直接的な比較ではないですが、ガラスエリアの開放感の違いというか、タイト感の演出の違いがよく分かります。新型Mazda3の黒いインテリアは、高級感がありスポーティーでもありますが、閉塞感があるのも確かです。

Mazda3とImpreza 5-doorの室内寸法比較
Mazda3とIMPREZAの室内寸法比較
Mazda3
Hatchback
IMPREZA
5-door
内部寸法(inch) 頭スペース(前/後) 38.0 / 37.2 39.8 / 38.0
腰スペース(前/後) 54.6 / 50.9 55.1 / 55.2
肩スペース(前/後) 55.7 / 53.4 56.7 / 55.6
足スペース(前/後) 42.3 / 35.1 43.1 / 36.5
室内容積(cu. ft.) 92.7 121.6
荷室容量(cu. ft.)
AutoGuide.comのまとめ

The extra price of the Mazda3 is worth it for the fantastic interior alone, but you also get a great engine and a sporty drive as well. The Subaru is far more basic, and buyers on a budget should be happy with the rugged appeal of the Impreza, but overall, it can’t compare with the Mazda3.

(Mazda3の追加料金は素晴らしいインテリアだけではそれだけの価値がありますが、あなたにも素晴らしいエンジンとスポーティなドライブがあります。スバルははるかに基本的であり、予算のバイヤーはインプレッサの険しい魅力に満足するはずですが、全体的に、それはMazda3と比較することはできません。)

2019 Subaru Impreza vs Mazda3: Which AWD Hatchback is Better? – AutoGuide.com

新型Mazda3とのライバル比較...今度は馴染みあるHonda Civicです。U.S. News & World Reportのランキングでは5位です。
ライバル比較と言っても日本では馴染みのまったくないヒュンダイ車です。U.S. News & World Reportのランキングではプリウスと同じ9位です。
広告
 
 

フォローしませんか?

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    現在のマツダ車は、一部の車種を除いておおむね狭いと悪評めいたことを言われています。私は現行のデミオに乗っていますが165cmの身長で狭いと思った事は一度も無く、いつも快適に運転を楽しんでいます。いつも定員いっぱい乗って窮屈に乗っている人がどれ位いるのか、今でこそ軽ではハイトワゴンが、そしてミニバンが、室内ゆったりと過ごせる車が増えて来ています。だからと言って室内が狭いとマツダ車を悪く言うのはもう止めにして欲しいです。人生いろいろ、車もいろいろ、他と同じ様な車を作ったところで過去からマツダ車が良い評価を得たためしは無く、トヨタや日産車と比較されるとぶがわるくなるのが常でありました。それならば我が道を行く車作りをするのもありではないでしょうか!