マツダ、ドイツでの2019年年間シェアは2%

独マツダは、2019年4月のセールスレポートを発表しています。4月としはこの15年間で最高の結果になったそうです。それもあり2019年の年間シェア2%でした。

マツダ、ドイツでの2019年年間シェアは2%
Mit 5.445 Neuzulassungen hat Mazda im April 2019 auf dem deutschen Pkw-Markt einen Marktanteil von 1,8 Prozent erzielt und damit das beste April-Ergebnis seit 15 Jahren erreicht. Nach den ersten vier Monaten des Jahres liegt der japanische Automobilhersteller mit 23.521 Zulassungen und zwei Prozent Marktanteil voll auf Kurs und verzeichnet einen leichten Zulassungsanstieg von 0,2 Prozent im Vergleich zum Vorjahreszeitraum.

(マツダは2019年4月に5,445台の新規登録により、ドイツの乗用車市場で1.8%の市場シェアを達成し、15年間で4月に最高の結果を達成した。今年の最初の4ヶ月の後、23,521台の登録と2%の市場シェアを持つ日本の自動車メーカーは、前年同期と比較して0.2%の登録のわずかな増加で、完全に順調に進んでいます。)

Mazda mit bestem April seit 15 Jahren

記事によると、ドイツマツダの2019年のこれまでの年間販売台数の内訳は、次のとおりでした。なぜか、Mazda2以降は概数です。これを見ると、確かにCX-3は人気車種なんですね。

  • CX-5:7,234台
  • CX-3:6,240台
  • Mazda3:3,430台
  • Mazda2:3,100台以上
  • Mazda6:2,000台以上
  • MX-5:1,400台以上

ちなみに、マツダの2018年度の国内シェアは4.1%でした。

ドイツマツダのニュースリリースよると、新型Mazda3を1月18日に発表し3月22日に発売するとのことです。
 

フォローしませんか?