新型Mazda3(欧州仕様)が採用するi-ACTIVSENSE一覧

新型Mazda3(欧州仕様)が採用するi-ACTIVSENSE一覧

欧州仕様の新型Mazda3が採用しているi-ACTIVSENSE一覧をイギリスマツダが公開しているデジタルオーナーズマニュアルからピックアップしました。数がとても多いですね。

日本語訳は、機械翻訳によるものです。説明中の速度は欧州仕様のものです。

i-ACTIVSENSE一覧

i-ACTIVSENSEは、カメラとセンサーを利用した一連の高度な安全および運転者支援システムを含む総称です。このシステムはアクティブセーフティシステムとプリクラッシュセーフティシステムで構成されています。
これらのシステムは、運転手の負担を軽減し、衝突を回避したり重症度を軽減したりすることで、運転手の安全運転を支援するように設計されています。ただし、各システムには限界があるため、常に慎重に運転し、システムだけに頼らないでください。

Mazda3 Owner’s Manual

Active Safety Technology

ドライバーが潜在的な危険を認識し、事故を回避するのを支援することで、より安全な運転をサポートします。

アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)

ALHとは前方監視カメラ(FSC)を使用して夜間走行中に前方の車両や反対方向に接近している車両の状況を判断し、ヘッドライトの照光範囲、照光領域、または照度を自動的に切り替えるシステムです。

ハイビーム・コントロール・システム(HBC)

HBCは、暗闇の中で運転している間に前方感知カメラ(FSC)を使用してヘッドライトをハイビームとロービームの間で自動的に切り替えることで、車両前方の状況を判断します。

レーン・ディパーチャー・ウォーニングシステム(LDWS)

LDWSは、車両が車線から逸脱している可能性があることをドライバーに警告します。 車線上の白い(黄色)線が前方感知カメラ(FSC)を使用して検出され、システムが車両がその車線から逸脱している可能性があると判断した場合、LDWS警告ビープ音を鳴らすこととマルチ情報ディスプレイによってドライバーに通知します。

ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)

BSMは、隣接する車線の後方から接近する車両の存在を運転者に通知することによって、運転者が車線変更中に両側で車両の後方までの領域をチェックするのを支援するように設計されています。

交通標識認識システム(TSR)

TSRは、運転手が交通標識を見落とすのを防ぎ、アクティブな運転ディスプレイ/メーターパネルに交通標識を表示することで、より安全な運転をサポートします。これは、車両の運転中に前方感知カメラ(FSC)によって認識されるか、またはナビゲーションシステムに記録されます。

ディスタンス・スピード・アラート(DSA)

DSAは、車両間の適切な距離を維持するためのアドバイスを提供し、前方の車両との間で維持するための推奨される安全な距離をドライバーに通知するシステムです。システムは、車速が時速約30km以上である間に、あなたの車と前方の車との間の距離を測定します。自車と先行車との距離が近い場合は、ディスプレイの表示でドライバーに衝突の可能性があることを警告し、自車の速度*1を抑制して前方への接近を防ぎます。
*1 減速機能は一部の市場では利用できません。

ドライバー・アテンション・アラート(DAA)

DAAは、運転者の疲労や注意力の低下を検出し、運転者に休息を促すシステムです。車両が車線内を約65〜140km/hで走行している場合、DAAは前方感知カメラ(FSC)からの情報に基づいて累積疲労量および運転者の注意力低下を推定します。そして、マルチインフォメーションディスプレイ上の表示および警告音を用いて運転者に休息をとるように促す。高速道路または高速道路でDAAを使用してください。

ドライバー・モニタリング(DM)

DMは、運転者の疲労や眠気を検知し、運転者に休息を促すシステムです。約5km/h)以上で車両を運転している間、DMは運転者監視カメラを使用して運転者の顔の特徴の変化を検出します。次にシステムは、運転者の蓄積された疲労および眠気の量を推定し、インストルメントクラスタ内の警告表示および警告音を用いて運転者に休息をとるように促す。
運転者の推定累積疲労量および眠気に基づいて運転者に通知するための2種類の警告表示パターンが設定されている。

  • 疲労や眠気が検出される:警告パターン(注意)
  • もっと多くの疲労と眠気が検出されます:警告パターン(警告)

フロント・クロス・トラフィック・アラート(FCTA)

FCTAは、車両が交差点で運転を開始したときに運転手が車両の両側を確認するのを助けるように設計されている。FCTAは、車両が交差点を走行し始めたときに車両の前方左右両側の死角から接近する車両を検出し、ディスプレイの警告表示と警告音を用いて運転者に危険の可能性を通知する。

リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)

RCTAシステムは、車両の後部に接近する車両の存在を運転者に警告することによって、運転者が後退している間に、運転者が車両の後部左右の領域を確認するのを支援するように設計されています。
RCTAシステムは、駐車スペースから車両が後退しているときに、車両の後部左右および車両の後部から接近する車両を検出します。また、Blind Spot Monitoring(BSM)警告表示灯と警告ブザーを使用して、ドライバーに危険の可能性を知らせます。

ストップ&ゴー機能付きマツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)

ストップ&ゴー機能付きMRCCは、前方レーダーセンサーを使って前方の車両までの距離を検出することで、前方の車両と車速に応じて車間制御を維持するように設計されています。アクセルペダルやブレーキペダルを使わなくても、あらかじめ設定された車速が得られます。

さらに、前方の車両が突然ブレーキをかけた場合など、前方の車両に接近し始めると、警告音とディスプレイの警告表示が同時に作動して、車両間の距離を十分に保つように警告します。

あなたがそれを追いかけている間に前方の車両が停止した場合、あなたの車両は停止し、自動的に停止したままになります(停止保持制御)。RESスイッチを押すなどして車両の運転を再開すると、車間制御は再開されます。

クルージング&トラフィック・サポート(CTS)

CTSは、高速道路や高速道路で渋滞をしているときの運転者の疲労を軽減するための車間制御機能と操舵補助機能からなるシステムである。

アクセルペダルやブレーキペダルを使用しなくても、システムは前方制御を実行して、事前に設定された車速で自車と前方の車との距離を一定に保ちます。 さらに、操舵補助機能では、車線が検出されたときに、運転者が車線内に車線を維持することを支援する。 車線が検出されない場合、この機能は、運転者に前方の車両と一緒に車両を運動経路に沿って維持させる際の運転支援を提供する。

レーンキープ・アシスト・システム(LAS)

LASは、車両が逸脱している可能性がある場合に、運転者が車線内にいるのを支援するための操舵支援を提供します。

前方感知カメラ(FSC)は、車両が走行している車両の車線の白線(黄色い線)を検出し、システムがその車線から逸脱する可能性があると判断した場合、運転者のステアリング操作を補助するために電動パワーステアリングを操作します。

システムはまた、マルチ情報ディスプレイ上に警告を表示することによって運転者に警告する。 高速道路や高速道路などの白線(黄色い線)がある道路を走行するときは、このシステムを使用してください。

アジャスタブル・スピード・リミッター(ASL)

ASLは、設定速度よりも速い車速で車両が走行することを防止するための機能である。アクセルペダルを踏んでも車速は設定速度以下になるように制御されます。
ASLは30km/h〜200km/hの間で設定できます。下り坂を走行すると車速が設定速度を超える場合がありますが、表示が点滅し警告音が鳴り運転者に知らせます。

インテリジェント・スピード・アシスタンス(ISA)

ISAは、車速を制限速度標識または任意に設定された制限速度から設定された制限速度以下に保つ機能である。制限速度は30〜200km/hの間で設定でき、急斜面を走行中に車速が設定制限速度を超えると、システムはディスプレイと警告音を使用してドライバーに通知します。
ISAは、交通標識認識システム(TSR)またはナビゲーションシステム情報に基づいて制限速度標識を認識する。

360°ビュー・モニター

360°ビューモニターは、低速運転中や駐車中にセンターディスプレイのさまざまな表示や警告音を使用してドライバーが周辺の状況を確認できるようにする次の機能で構成されています。

Pre-Crash Safety Technology

プリクラッシュセーフティテクノロジーは、回避できない状況でドライバーが衝突を回避したり厳しさを軽減したりするのを支援するように設計されています。

スマート・ブレーキ・サポート(SBS)

SBSは、フロントレーダーセンサーと前方監視カメラ(FSC)が前方の車両、歩行者、または人との衝突の可能性があると判断した場合、ディスプレイの警告表示と警告音を使用してドライバーに衝突の可能性を警告します自転車。また、衝突が避けられない場合には、衝突時の被害を軽減するために自動ブレーキ制御が行われる。さらに、運転者がブレーキペダルを踏み込むと、ブレーキがしっかりとかつ迅速に加えられて補助する。

SBSは、運転者監視カメラを用いて運転者が道路に注意を向けていないと判断し、障害物と衝突する可能性があると判断した場合、通常よりも早く衝突警報を作動させる。

スマート・ブレーキ・サポート[リア](SBS-R)

SBS-Rは、ブレーキコントロール(SBSブレーキ)を操作することにより、衝突時のダメージを軽減するように設計されたシステムです。2〜8km/hの速度で走行中にシステムのセンサーが車両の後方の障害物を検出し、衝突が避けられないと判断した場合。

スマート・ブレーキ・サポート[リアクロッシング](SBS-RC)

SBS-RCシステムは、車両が駐車スペースの外に後退している間に、車両の後部左側及び右側部、並びに車両の後部から接近する車両を検出する。システムは、衝突が避けられないとシステムが判断したときにブレーキ制御を作動させることによって、衝突が発生した場合の損傷を軽減する。

Camera and Sensors

フロント・センシング・カメラ(FSC)

あなたの車は前方感知カメラ(FSC)を装備しています。 前方監視カメラ(FSC)はバックミラーの近くに配置され、以下のシステムで使用されます。

  • HBC
  • ALH
  • TSR
  • DSA
  • DAA
  • DM
  • MRCC
  • LAS
  • CTS
  • SBS


新型から色々と機能が増えて、営業担当氏も説明に困るほどです。新型マツダコネクトにマニュアル機能があって少しホッとしていました(笑)。

イギリスマツダで公開してるオーナーズマニュアルからリアベンチレーターについて確認してみました。すると、左右どちらのハンドル仕様にもリアベンチレーターの設定がありました。
広告
 
 

フォローしませんか?