マツダ、Kelley Blue Bookによる「2019 Brand Image Awards: Best Performance Brands」を受賞

マツダは、Kelley Blue Bookによる「2019 Brand Image Awards: Best Performance Brands」を受賞しています。

2019 Brand Image Awards

Brand Image Awardsは、6つのカテゴリーのそれぞれでメインストリームブランドとラグジュアリーブランドに分けてトップを選びます。トラックセグメントのトップは1つになります。

昨年、マツダは、「Best Styling Brands」も受賞していたのですが、納得できませんが、今年はその賞をDodgeが獲りました。

Best Performance Brand

マツダ、KBBによる「Best Performance Brands」を受賞Mazda’s reputation as a performance brand isn’t just because the Mazda3 and Mazda6 are arguably the most fun-to-drive cars in their segments. You can also look at the Mazda CX-3, CX-5 and CX-9 SUVs, and realize they’re the most driver-centric in their competitive sets as well. Then there’s the endlessly entertaining MX-5 Miata, which is in a class of its own.

(パフォーマンスブランドとしてのマツダの評判は、Mazda3とMazda6が間違いなく彼らのセグメントで最も運転しやすい車であるという理由だけではありません。また、マツダの CX-3、CX-5、CX-9のSUVを見てみると、それらが競合他社の中でも最もドライバー中心であることがわかります。それから、無限に面白いMX-5 Miataがあります。そして、それはそれ自身のクラスにあります。)

2019 Brand Image Awards: Best Brands | Kelley Blue Book

「Best Performance Brands」のLuxuryブランドは、「Porsche」でした。受賞は連続8年になります。この分だとしばらく連続受賞が続きそうです。

マツダがポルシェと並んで評価されている点は、ある意味、マツダにとってはきっと良いことですよね。

その他のカテゴリー

  • Best Overall Brand:Honda / Lexus
  • Most Trusted Brand:Subaru / Lexus
  • Best Value Brand:Honda / Acura
  • Most Refined Brand:Honda / Mercedes-Benz
  • Best Styling Brands:Dodge / Porsche
  • Best Overall Truck Brand:Toyota

Trusted Brandは、スバルの定位置です。アメリカでは完成検査云々は関係ないですしね。ただ、J.D. Powerの2018年IQS(初期品質調査)では、マツダよりも低く下から4番目なんです…。

マツダは、Kelley Blue Bookによる2018 Brand Image Awardsにおいて、「Best Styling Brands」と「Best Performance Brands」を受賞しています。

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    ニューモデルの話題が飛び込んで来ない寂しい今日この頃、マツダの車種の数からすればマツダ3とマツダCX-30と話題になったばかりなので、手品で鳩を出す様な訳にはいかないのではあるけれども、何かワクワクさせる話題が出るのを待ち続けている次第です。例えば、新型デミオことマツダ2、新型アテンザことマツダ6、MX-6、ロータリーエクステンダー等、それ以外にも世間をアッと思わせる技術、マツダにはいろんな意味で話題が尽きないメーカーの一つだけに期待は膨らむばかりです。