北米マツダ、Mazda6にもAWDとSKY-D 2.2の組合せを設定へ

マツダは、CX-5に次いで北米市場のMazda6にもSKYACTIV-Dを載せ、AWDと組み合わせて最上級グレードに追加するとしています。

“As Mazda continues our climb toward premium, we will offer more powertrain choices that premium customers expect,” said Jeff Guyton, president of Mazda North American Operations. “Diesel is such an option, and for this reason, we are also working to bring diesel with AWD to our beautiful Mazda6 sedan.”

(「マツダが引き続きプレミアムに向けて上昇しているため、プレミアムのお客様が期待するより多くのパワートレインの選択肢を提供します。」北米マツダの社長であるジェフガイトンは、次のように述べています。「ディーゼルはそのような選択肢です、そしてこの理由のために、我々は同じくAWDでディーゼルを私達の美しいMazda6セダンに持って行くことに取り組んでいます。」)

CX-5 Adds Diesel Engine Option for Premium Driving Experience and Efficiency | Inside Mazda

北米マツダのホームページには、さっそく「MAZDA6 SIGNATURE SKYACTIV-D」が追加してあります。
北米マツダ、Mazda6にもAWDとSKY-D 2.2の組合せを設定へ
Mazda6のSignatureは、$35,100です。これはFWDなのでAWD化で約$1,000追加、さらにSKY-Dを載せて約$4,000が価格に上乗せされるとすると、約$40,000です、高い!。

クリーンディーゼルの高トルクと低燃費は、走りを大切にする面でも大切ですが、価格的にPREMIUMに近づく上でも重要な手段になっているようにも思えます。

アテンザの国内仕様ではAWDがあるのは、XDだけなので…アメリカ仕様でもディーゼルならAWD化できるのでしょうかね。


Mazda 6 Signature SKYACTIV-D Reveal – NYIAS | Mazda USA

アメリカ環境保護庁(EPA)に駐車しているSKYACTIV-Dエンブレが付いたMazda6が目撃されています。
広告
 
 

フォローする

コメント

  1. jomon より:

    急にAWD押しが進んで来ましたね。
    4-2-1排気の弊害が大きかったですかね、、

    是非、ワゴンも投入していただきたい所です。