マツダ、新型Mazda3に2.5Lターボを2021年にも追加か?

Autocarが伝えるところでは、新型Mazda3の開発主査別府氏自身が、「ハイパー」なグレードを欲しいと話しているそうです。

マツダ、新型Mazda3に2.5Lターボを2021年にも追加か?
In launching the fourth-generation small car in Australia, visiting programme manager Kota Beppu said he wants a “hyper” version of the hatchback.

Hot Mazda 3 on the cards to take on VW Golf GTI | Autocar

新型Mazda3のオーストラリア発売に合わせて訪れていた開発主査の別府氏の話が記事になっています。以降、AUTOCAR JAPANの記事も見ながら内容を追っていきます。

その前に、新型Mazda3にいわゆるMPS版のようなハイパフォーマンスモデルを追加する話は、以前にもあります。この時は次のように話しています。

「プロジェクトのリーダーとして、私は挑戦したい。権力があれば、すぐにマツダ3 MPSを作るだろう」

「スポーツ版を作るなら、以前のMPSのようなものは作らないだろう。あまりにも多くのパワーを持つバージョンではなく、マツダが現在位置づけているものと、マツダが位置する新しい時代のもの」

Mazda3 MPSモデル復活の可能性はある? » T’s MEDIA

そして、当時の段階では計画はなく、色々な検討をしているが、環境性能が大きな壁になっていると話していました。

では、今回の話は…。

別府氏は、「わたしはカーガイなのです。ですからわたし自身としては、ハイパフォーマンスなマツダ3を走らせたいですね。ベストを尽くします。」と話したそうです。

その他、ざっとまとめると、

  • 北米、日本、オーストラリアでハイパフォーマンスモデルを求める声が多い
  • ハイブリッドは選択肢にないかもしれない
  • SKY-G 2.5Tを積むのが最有力?
  • ハイパワー化に合わせてi-ACTIV AWDを採用する可能性が高い
  • 快適性と日常の使い勝手に力を入れる

そして、「レスポンスがよくて扱いやすいことが大切です。ゴルフGTIよりももっと親しみやすいものでしょう。けれども速さは譲りません。」とも話したそうです。

すると、記事にもあるようにMPSやマツダスピードを名乗るのではなく、CX-5のSignatureやExclusive Modeのようにグレードの一つして提供されるのなら、実現する可能性が高まるのではないでしょうか。しかし、その前にSKYACTIV-Xがどのような評価になるかが、一つの鍵だと思います。もう一つの鍵は、CX-30の売れ行きです。CX-30が稼がないとMazda3にハイパフォーマンスなグレードを追加する余裕は生まれないでしょう。

開発主査が、SKY-Xにも乗った上でさらにスピードを欲しいと言っているのですから、なんだかんだでガソリンターボが載るのかなぁ?

広告

フォローする

 

コメント

  1. 通りすがり より:

    BMアクセラでもハイパフォーマンスモデルは企画も進んで仕様も確定してあとは上のゴーサインだけという状況でも結局出さなかったくらいですから、今回も現行同様噂で終わる可能性が高いです。
    また、予想CGも現行でもそうでしたが、2.5Tは前置きインタークーラーでトップマウントではないので、ボンネットにエアインテークを設けてる時点で、BL3FWを引きずってる現実味のない妄想だなとわかります。
    BMアクセラで企画されていたMPSはボンネットにエアインテークはありませんでしたから。