[特許]マツダ、自動車のペダル後退防止構造など7件の特許を取得

マツダは、「自動車のペダル後退防止構造」や「センサ信号値記憶装置」など7件の特許を取得しています。

特許6497252 自動車のペダル後退防止構造

この発明は、ダッシュパネル下部の後退により当該ダッシュパネルが前傾方向に回動変位する動作を有効利用して、ペダルの後退を防止しつつ、ペダルブラケットそれ自体の前傾を防止することができる自動車のペダル後退防止構造の提供を目的とする。

マツダ、自動車のペダル後退防止構造など7件の特許を取得

特許6497252 | 知財ポータル「IP Force」(自動車のペダル後退防止構造)

特許6497376 センサ信号値記憶装置

ここに開示された技術は、センサの信号値が温度の影響を受け難いようにしたセンサ信号値記憶装置を提供することを目的とする。

マツダ、自動車のペダル後退防止構造など7件の特許を取得

特許6497376 | 知財ポータル「IP Force」(センサ信号値記憶装置)

特許6497409 エンジンの動弁装置

本発明は、NVO期間においてハイドロリックラッシュアジャスタからのオイルの漏出の影響が生じた際でも、低いポンピングロスを維持することができる動弁装置を提供することを目的とする。

マツダ、自動車のペダル後退防止構造など7件の特許を取得

特許6497409 | 知財ポータル「IP Force」(エンジンの動弁装置)

特許6497410 エンジンのタイミングチェーン装置

本発明は、上述の問題に鑑み、車両にエンジンが搭載された状態であっても、シリンダヘッドの取外しを要するメンテナンスの作業性を向上できるエンジンのタイミングチェーン装置を提供することを目的とする。

マツダ、自動車のペダル後退防止構造など7件の特許を取得

特許6497410 | 知財ポータル「IP Force」(エンジンのタイミングチェーン装置)

特許6497417 エンジンの制御装置及び制御方法

ここに開示する技術は、かかる点に鑑みてなされたものであり、その目的とするところは、機械式の過給機を備えたエンジンの制御装置及び制御方法において、過給機の駆動抵抗を抑制しつつ、燃焼室に導入されるガス温を所定の範囲内に収めることにある。

マツダ、自動車のペダル後退防止構造など7件の特許を取得

特許6497417 | 知財ポータル「IP Force」(エンジンの制御装置及び制御方法)

特許6497424 車両の車室内構造

本発明は、上記のような問題の解決を図ろうとなされたものであって、車室の広々感を創出することで、運転者の疲労軽減を図り、高い意匠性を実現することができる車両の車室内構造を提供することを目的とする。

特許6497424 車両の車室内構造 width=

特許6497424 | 知財ポータル「IP Force」(車両の車室内構造)

特許6497556 車体補強構造

本発明の目的は、車体重量の軽量化と振動減衰機能とを両立可能な車体補強構造等を提供することである。

特許6497556 車体補強構造

特許6497556 | 知財ポータル「IP Force」(車体補強構造)

 

フォローしませんか?