[リコール]マツダ、アクセラのワイパー不具合で50,885台を対象にリコールを届出

マツダは、アクセラの車両制御コンピュータに不具合がありフロントワイパーが作動しなくなるおそれがあるとしてリコールを届け出ています。対象車は、50,885台にのぼります。

アクセラのリコールについて

リコール開始日

平成31年04月05日

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

フロント・ボディ・コントロールモジュール(車両制御コンピュータ)において、内蔵されるワイパーリレーの接点構造及びワイパーモータとの組み合わせが不適切なため、リレー作動時の熱により接点部に異物が生成され、リレー駆動部に挟まることがあります。そのため、リレーが導通不良となり、フロントワイパーが作動しなくなるおそれがあります。

対象者

マツダ、アクセラのワイパー不具合でリコールを届出

改善措置の内容

全車両、フロント・ボディ・コントロールモジュールを対策品と交換します。

その他の情報

  • 不具合件数:347件
  • 事故の有無:無し
  • 発見の動機:市場からの情報による


アクセラのリコールについて|リコール・サービスキャンペーン等情報


自分のアクセラもリコール対象車に含まれていました。例のエンジンに関する大掛かりなリコールは未実施な上、新たなリコールが追加とは…。

広告

フォローする