マツダ、「ロードスター30周年記念車」を150台限定販売

マツダ、「ロードスター30周年記念車」を150台限定販売

マツダは、「MX-5(ロードスター)30周年記念車」の国内での販売台数を150台とし、4月5日から専用ウェブページで商談予約を受け付けます。

ロードスター30周年記念車

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、今年2月のシカゴオートショーで公開した「Mazda MX-5 Miata 30th Anniversary Edition」の国内仕様となる特別仕様車「ロードスター30周年記念車」の商談予約受付を、専用ウェブページにて開始します。「ロードスター30周年記念車」は世界3,000台の限定とし、国内販売台数は、ソフトトップモデルの「ロードスター」とリトラクタブルハードトップモデルの「ロードスターRF」を合わせて150台を予定しています。メーカー希望小売価格は消費税込みで3,682,800円~4,303,800円です。

ウェブページでの商談予約受付期間は、ソフトトップモデルが4月5日(金)から4月15日(月)、リトラクタブルハードトップモデルが5月27日(月)から6月10日(月)となります。

【MAZDA】「マツダ ロードスター30周年記念車」の国内販売について|ニュースリリース

商談予約受付

国内販売台数

150台(予定)

受付期間
  • ロードスター:2019年4月5日(金)〜2019年4月15日(月)
  • ロードスターRF:2019年5月27日(月)〜2019年6月10日(月)
専用ウェブページ

マツダ|ROADSTER 30th ANNIVERSARY|マツダのクルマづくり

  • 応募多数の場合は抽選を予定しています。また、商談予約の受付状況に応じて、国内の販売台数について数十台程度の変更を行う場合があります。
  • 応募多数の場合は抽選を予定しています。(先着順ではありません。)
  • ウェブ商談予約受付の当選後、店頭でのご契約が必要となります。

「ロードスター30周年記念車」の概要

ベース車両
  • ロードスター:RS(MT車)
  • ロードスターRF:RS(MT車)、VS(AT車)
特別装備
  • ボディカラー:レーシングオレンジ
  • RAYS社製鍛造アルミホイール(RAYS ZE40 RS30)<30TH ANNIVERSARY 刻印入り>
  • “30TH ANNIVERSARY”オーナメント(シリアルナンバー付)
  • オレンジをアクセントとしたカラーコーディネート(ブレーキキャリパー、シート、エアコンルーバーベゼル、 ドアトリム、インパネデコレーションパネル、シフトレバー、パーキングブレーキレバー など)
  • RECARO社製シート
  • BILSTEIN社製ダンパー(MT車のみ)
  • Brembo社製フロントブレーキキャリパー(オレンジ塗装)
  • NISSIN社製リアブレーキキャリパー(オレンジ塗装)
  • Boseサウンドシステム(AUDIOPILOT)+9スピーカー
  • アルカンターラをドアトリムやインパネ、シート表皮に採用

メーカー希望小売価格(税込)

ロードスター30周年記念車価格
エンジンT/M価格(税込)
ロードスターSKY-G 1.56MT3,682,800円
ロードスターRFSKY-G 2.06MT4,303,800円
6AT4,260,600円
マツダは、MX-5(ロードスター) 30周年記念車をシカゴモーターショー2019で世界初公開しました。ソフトトップとRFを全世界で3,000台を販売します。

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    過去にも色々な形で登場してきたロードスターの限定車、今回は鮮やかなオレンジ色ということで色でも楽しませてくれます。2代目にクーペスタイルのもありましたが、現行ロードスターにもバリエーションに加えて欲しいのと、ポルシェの様な4ドアクーペとかもあればいいのになぁと思うのは私だけ!ロードスタークーペには、スカイアクティブR(ロータリー)を、4ドアクーペにはロータリーレンジエクステンダーといった具合に⁉️