マツダ、中国では生産を調整して減産中

マツダは、中国での販売が振るわない状況に合わせて生産量を減らしているそうです。

日経新聞によると…

マツダは18年末から生産調整を進めており、1月の同国生産は52%減の約1万6700台だった。「販売状況に基づく生産調整」(同社)としている。

車5社、中国生産3%減 1月 景気減速で買い控え :日本経済新聞

このため、マツダCX-4が前年比で-50%近い生産台数になっていたようです。中国での景気が云々とも言われていますが、同記事では、「日産は18年末から生産調整を行うが2%増、トヨタは17%増、ホンダは2%減」と好調なメーカーもあります(三菱自動車は52減でしたが)。

マツダが、2019年2月27日に発表した「マツダ、2019年1月の生産・販売状況について(速報)」によると、2019年1月のマツダCX-4の生産台数は2,986台でした。
マツダが、2019年1月30日に発表した「マツダ、2018年12月および1~12月の生産・販売状況について(速報)」によると、2018年12月のマツダCX-4の生産台数は3,590台でした。
広告
 
 

フォローする