[特許]マツダ、中空体を用いたステアリング支持構造体に関する特許を出願

マツダ、中空体を用いたステアリング支持構造体に関する特許を出願しています。

特開2019-18624 ステアリング支持構造体

本発明はステアリング支持構造体に関する。

クロスカービーム1は中空体であることが好ましい。これにより、ステアリング支持構造体のさらなる軽量化を達成することができる。中空体を構成する材料は特に限定されず、例えば、アルミニウム、鉄、鉄鋼およびこれらの合金等の金属であってもよいし、ポリマー等の樹脂であってもよいし、または繊維強化樹脂であってもよい。中空体を構成する材料は、さらなる軽量化と、衝突性能およびステアリング振動性能のさらなる向上とのバランスの観点から、繊維強化樹脂であることが好ましい

特許:マツダ、ステアリング支持構造体に関する特許を出願

特開2019-18624 | 知財ポータル「IP Force」(ステアリング支持構造体)

この特許は、栗本鉄工所と共同開発したガラス繊維強化プラスチック製の中空体に関わるものと思われます。

マツダは、鋳鉄管メーカーである栗本鉄工所とガラス繊維強化プラスチック製の中空体を開発したそうです。

この他に類似の特許を2件出願しています。こちらには、東亞合成株式会社が出願人に名を連ねています。

広告

フォローする