[CAS 2019]マツダ、MX-5(ロードスター) 30周年記念車を発表をワールドプレミア、全世界で3,000台を販売

マツダは、MX-5(ロードスター) 30周年記念車をシカゴモーターショー2019で世界初公開しました。ソフトトップとRFを全世界で3,000台を販売します。

マツダ MX-5(ロードスター) 30周年記念車

マツダは本日、MAZDA MX-5(日本名:マツダ ロードスター)の誕生30周年を記念し、専用色「レーシングオレンジ」を採用した特別仕様車「MAZDA MX-5 Miata 30th Anniversary Edition」を、2月7日から2月18日まで開催されるシカゴオートショー*において、世界初公開しました。

30年にわたり100万台以上を世界中のお客さまにお届けした今、マツダは「このクルマはもはやマツダのものではなく、お客さまのものである」と考えています。MX-5を育ててくださったすべての人々に感謝の気持ちを伝えるために、そしてこれからのMX-5への期待を込めて、心が沸き立つ一日の始まりを予感させる、朝焼けのようなオレンジ系の特別色「レーシングオレンジ」を開発しました。

MX-5(ロードスター) 30周年記念車

MX-5(ロードスター) 30周年記念車

MX-5(ロードスター) 30周年記念車

MX-5(ロードスター) 30周年記念車

MX-5(ロードスター) 30周年記念車

MX-5(ロードスター) 30周年記念車

【MAZDA】マツダ、専用色「レーシングオレンジ」を採用した「MX-5」30周年記念車を世界初公開|ニュースリリース

特別装備

  • ボディカラー:レーシングオレンジ
  • RAYS社製鍛造アルミホイール(RAYS ZE40 RS30)
  • “30th Anniversary”オーナメント(シリアルナンバー付)
  • オレンジをアクセントとしたカラーコーディネート(ブレーキキャリパー、シート、ドアトリム、インパネデコレーションパネル、シフトレバー)
  • RECARO社製シート
  • BILSTEIN社製ダンパー(MT車のみ)
  • Brembo社製フロントブレーキキャリパー(オレンジ塗装)
  • NISSIN社製リアブレーキキャリパー(オレンジ塗装)
  • Bose®サウンドシステム(AUDIOPILOT™2)+9スピーカー
  • Apple CarPlay、Android Auto™対応(市場によって異なります)

Apple CarPlayとAndroid Autoは日本未採用

Apple CarPlay、Google Android Auto(北米・欧州・豪州仕様のみ)に対応したコネクテッド機能を搭載。

こだわりづくしのロードスター30周年記念モデル、「乗って楽しくなければ撤退する」…開発者の思いを聞いた | レスポンス(Response.jp)

レスポンスの記事では、CarPlayとAndroid Autoの採用地域に日本はありません。国内でなかなかアップデートが展開されないことと関係があるのでしょうか。

専用鍛造ホイールRAYS ZE40 RS30

レイズさんのレース用ホイールの技術で、ブレンボが入るのに、強度・剛性では妥協しない16インチ鍛造ホイールを用意しました。ホイールにも30周年の刻印が入ります。リム幅は6.5Jから7Jになりましたが、タイヤの見た目もかっこよくなったと思います。

わざわざ専用のZE40を作ったのに16インチなんですね。これはエンジンが1,500ccと関連があるようですが、どうせなら17インチの方がと思わくもないですが。

アメリカでは500台が4時間で完売!

Mazda unveiled its 30th Anniversary Edition MX-5 Miata on Thursday morning here at the Chicago Auto Show, and just four hours after the order books opened, the entire US allocation was spoken for.

The US-spec Mazda Miata 30th Anniversary Edition sold out in 4 hours – Roadshow

Roadshowによれば、アメリカ仕様の500台が4時間で完売したそうです。

アメリカ仕様価格

ちなみに、アメリカ仕様の価格は…。

「マツダ ロードスター」30周年アニバーサリーサイト

マツダ|ROADSTER 30th ANNIVERSARY|マツダのクルマづくり

日本国内の販売方法は店頭ではなく、上記のWebサイトで公表する予定です。