マツダCX-8、2018年国内3列シートSUV販売台数No.1に

マツダCX-8が、2018年の国内市場にて3列シートSUVの販売台数でNo.1になったそうです。


マツダのクロスオーバーSUV「マツダCX-8」が、国内3列シートSUV市場における2018年販売台数第1位(30,679台)を獲得しました。

2017年12月にCX-8を導入して以降、国内3列シートSUV市場は拡大しており、2018年の販売台数は2017年比で180%を超える成長を遂げていますが、その中でもCX-8は約50%の割合を占める、セグメントをリードする車です。「家族や友人とのドライブには多人数乗車が必要で、走りやデザイン性も諦めたくない」と考えるお客さまから、この多人数乗用車の新たな選択肢としての提案が受け入れられています。幅広い世代のお客さまから、「多人数乗車を可能としながら、かっこよさを感じる」「乗り心地のよさや静粛性は想像以上」「3列目は座り心地も広さも十分」といった評価をいただき、月間販売計画台数1,200台を超える好調な販売を続けています。

【MAZDA】「マツダCX-8」が2018年国内3列シートSUV販売台数 第1位を獲得|ニュースリリース

上半期でも販売台数No.1でした。

北海道マツダのウェブチラシによると、CX-8が2018年上半期の3列シートSUV販売台数No.1になったそうです。

2018年の売上グラフです。

販売台数は、発表する組織で微妙に違うんですよね…。No.1になっても日産のようにがんがんTV CMを流さないんですよね、きっと。

広告
 
 

フォローしませんか?