マツダ、SKYACYIV-Xをギリギリまで微調整中?

Jalopnikが、北米マツダ毛籠氏からSKYACYIV-Xの現状について聞いています。

Mazda told Jalopnik the company is still exploring the SkyActiv-X technology for its full potential. As it stands, the initial excitement over the new technology was its improved and more reliable efficiency gains over the SkyActiv-G engines. But its efficiency in combustion also has the potential to produce more power compared to a normal gasoline engine of similar displacement.

(マツダはJalopnikに同社がまだその可能性を最大限に引き出すためにSkyActiv-X技術を模索していると語った。現状では、この新技術に対する最初の興奮は、SkyActiv-Gエンジンに対する効率の向上と信頼性の向上でした。しかし、その燃焼効率は、同様の排気量の通常のガソリンエンジンと比較してより多くの電力を生み出す可能性もあります。)

Here’s Why the 2019 Mazda 3 Doesn’t Have the ‘Holy Grail’ Skyactiv-X Engine Yet

新型Mazda3の試乗イベントの際にSKYACTIV-XやSKY-D、SKY-Rの話を聞いています。そのうち、SKYACTIV-Xについては、今のところ、投入時期について正確な事は言えないようです。

アメリカへのSKY-Dの投入については、「もうすぐ」らしいです。

広告
 
 

フォローしませんか?