新車乗用車販売台数2018年12月のランキングが発表になりました

2018年のマツダの乗用車販売台数は、前年比105.7%でしたが、個別に見ると好不調がはっきりしていますね。

2018年 マツダ車新車販売台数(一覧表) – 黄色い部分は、30位圏外になった月を示しています –
CX-8
〈1,200台〉
アテンザ
〈1,000台〉
CX-5
〈2,400台〉
アクセラ
〈2,000台〉
CX-3
〈2,000台〉
デミオ
〈5,000台〉
ロードスター
1月2,9382792,0451,6581,3234,098498
2月3,0323107362,2081,4395,280528
3月4,3423979,2893,0502,2587,593771
4月2,7432381.9491.0645672,774222
5月2,484332,2191,2032,0603,519232
6月2,9181,4683.3621,4491,0853,71145
7月2,0284452,2701,2678523,413645
8月1,3134492,1051,0041,3134,013547
9月2,4776875,0181,8412,1834,643708
10月1,3967671,1181,3001,5563,482483
11月1,9848995,1938041,4463,172408
12月2,9617662,9969199552,484

12月CX-8アテンザCX-5アクセラCX-3デミオロードスター
合計30,6166,73838,30017,79417,03748,1825,087
平均2,5515623,1921,4831,4204,015462

CX-8の追加で年間30,000台以上も増えたのは、ラッキーですね。CX-5とのカニバリも販売目標と比較するとなさそうです。

その他は、うーん。

第7世代商品群での販売目標達成を大いに期待したいです。


自販連のホームページ