次期マツダ アクセラ(2019 Mazda3)をいろいろと妄想してみる #10-日本発売時期

次期マツダ アクセラが日本国内で発売されるのはいつなのでしょう?ディーラーからの情報が無いのでこれまでのアクセラの発売時期から妄想してみます。

ディーラーから話を聞けたら一気に解決するのですが…。過去のアクセラの発売時期を振り返って、次期アクセラ(2019 Mazda3)の国内発売時期を妄想してみます。

マツダ アクセラの主な発売日

日付は発売日でリリース配信日とは異なります。

2006/06/22
「マツダアクセラ」をマイナーチェンジ

「アクセラ」シリーズの国内における月間販売台数は2,000台を計画している。そのうち、「マツダスピードアクセラ」は200台を計画している。


2008/01/22
「マツダアクセラ」を一部改良して発売-スポーツ感を高め装備を充実させたアクセラスポーツの特別仕様車も併せて発売-


2009/06/11
新型「マツダ アクセラ」を発売-「i-stop」など先進の環境・安全性能と優れた走行性能をあわせもつ“エコ・スポーツ”-

月間販売台数は2,000台を計画しています。


2010/01/27
『マツダ アクセラ』、『マツダ ビアンテ』の90周年記念特別仕様車を発売-アイドリングストップ機構「i-stop」がついて、「環境対応車」減税(75%)に適合-


2011/09/27
スカイアクティブ技術第2弾、新型「マツダ アクセラ」を発売-20km/Lの優れた燃費性能と爽快な走りを実現する、新型エンジン「SKYACTIV-G 2.0」と新型変速機「SKYACTIV-DRIVE」を初搭載-


2012/06/28
上質なスポーティ感あふれる特別仕様車 マツダ アクセラスポーツ「20S-SKYACTIV アドバンスドスタイル」を発売-「アクセラ」を一部改良しSKYACTIV-G 2.0エンジン車の燃費性能を向上-

高出力のMZR2.3L直噴ターボエンジンの搭載機種「マツダスピードアクセラ」は、新たにアルミホイールとリアバンパー下部をガンメタリック色で塗装し、シャークフィンアンテナを採用するなど、精悍さを増したデザインとしています。


2012/12/26
特別仕様車「マツダ アクセラスポーツ スポーツエディション」を発売-大型リアルーフスポイラーやシャークフィンアンテナなどスポーティな特別装備-

特別仕様車は、ベース車「20S-SKYACTIV」「15S」に対して、大型リアルーフスポイラー、シャークフィンアンテナ、ガンメタリック塗装アルミホイールなど、「マツダスピードアクセラ」や欧州仕様車(MAZDA3)に採用されているアイテムを取り入れました。また「ジールレッドマイカ」を特別仕様車の専用の新色として採用しました。


2013/10/10
新型「マツダ アクセラ」の予約販売を開始-日本メーカー初、「ガソリン」「ディーゼル」「ハイブリッド」を同一車種で国内市場に投入-

月間販売計画は3,000台です。


2014/04/17
新型「マツダ アクセラ」SKYACTIV-G 2.0 6MT搭載車の予約販売を開始-ガソリン車及びディーゼル車の全機種*1で6MT車の選択が可能に-


2014/09/01
「マツダ アクセラ」を一部改良-新機種「15S Touring」を追加、ガソリンエンジン車の先進安全装備を充実-


2014/11/20
「マツダ アクセラ」ハイブリッド車を一部改良-衝突被害軽減ブレーキ標準化など、装備を充実-


2015/08/27
「マツダ アクセラ」を一部改良-最新の先進安全装備を採用、ガソリンエンジン車の燃費を向上-


2015/12/17
特別仕様車「マツダ アクセラセダン XD」を発売-クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」を搭載-


2016/07/14
「マツダ アクセラ」を大幅改良-「人間中心の開発哲学」に基づいた次世代技術を先取りし、あらゆる領域を深化-


2017/09/21
「マツダ アクセラ」を商品改良−先進安全技術を全機種で標準装備、「360°ビュー・モニター」を採用−


こうして見ると、2912年頃までは6月発売が多かったようですが、それ以降はバラバラですね。もう少し法則性があるかと思ったのに無いですね。仮にSKY-X搭載車だけを遅れて年内に発売するなら、10月までにその他のモデルを発売しておくほうが無難だと思われます。

ただし、次期CX-3を2019年内に発売しようとするなら、立上り時期を二三ヶ月はなしたいと考えます。すると、次期アクセラは6月か7月発売あたりに発売するとしっくり来るでしょうか。

広告

フォローする

 

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    過去の発売日等を考えると、有力なのはやはり6月かなっと思います。プロ野球オールスター戦のスポンサーにマツダさんが今年もなるようでしたら、7月の可能性もあり、東京モーターショー直前になるかもしれません。しばらくは、海外先行の評価を耳にする事になりそうですね。