2019年以降のマツダ車のモデルチェンジ・スケジュール予想

もう、2019年になるので2018年分を消しただけですが、スケジュールを更新しました。

マツダ車のモデルチェンジ・スケジュール予想(国内版)

次世代技術投入スケジュール

技術説明会 2018の資料から。

マツダは、2018年10月2日に開催した「技術説明会 2018」の模様を収めた動画を公開してます。

2019年

SKYACTIV GEN2投入開始!

  • Mazda3:フルモデルチェンジ/第7世代/SKYACTIV-X搭載
  • CX-3:フルモデルチェンジ?

SKYACTIV-Xやマイルドハイブリッド搭載車種追加の商品改良が次々に実施される?

日刊工業新聞によると、マツダは、CX-3をアクセラベースに大型化して2019年にフルモデルチェンジするそうです。
マツダは、2017年8月8日に行った技術開発の長期ビジョン発表の場で、多くの技術のロードマップも示しています。

2020年

  • EV発売
  • Mazda6:フルモデルチェンジ?/FR?/直6追加?
  • Mazda2:フルモデルチェンジ?
  • ロードスター:小変更(さらなる軽量化?)
AutoRAI.nlが、欧州マツダのバイスプレジデントが電気自動車の話をしている記事を掲載しています。色々と興味深い話題が出てきています。
日経テクノロジーオンラインが、マツダが、2020年以降にFR車に直6ディーゼルエンジンを載せ、高級市場に挑戦するとの記事を掲載しています。

2021年

  • CX-5:フルモデルチェンジ?/FR?/直6追加?
  • PHEV発売
  • アメリカ工場稼動。新クロスオーバーを投入!
  • CX-4:フルモデルチェンジ?
予想を裏切って(?)、スモール商品群に属することがわかった仮称CX-Xについて妄想してみます。
中国新聞が、マツダが2021年頃に米国市場に投入を予定しているSUVはCX-4クラスになると伝えています。
motoring.com.auの記事によると、マツダが北米向けに準備している新型クロスオーバーSUVは「CX-X」と呼ばれているそうです。

2022年以降

  • RX-9:デビュー?
  • CX-8:フルモデルチェンジ
第7世代群に切り替えが進むマツダ車の2022年のラインナップを妄想します。系譜のような物を書いて頭の中を整理してみました。
motoring.com.auが、東京モーターショー2017でマツダの藤原氏がRXスポーツカーの今後について語ったことを伝えています。


日本国内でSKYACTIV-X搭載車が何月に発売されるのかに注目です。そして、2019年の大注目は次期CX-3です!

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    ニューモデルの話となると、やはり胸がわくわくします。どの車種もどんなスタイルで、どのエンジンが搭載され、どんなメカニズムが盛り込まれているのか、想像するだけでも楽しくなります。REレンジエクステンダーを搭載するニューモデルは果たしてどんな形で登場するのか、プリウス、インサイトを見ていてふと頭に浮かんだのがこの2車種に似た車がかつてマツダにはありました。そうエチュード、アステナ、ランティス。いずれも販売台数こそ大きな数字は残せなかったが個性あふれる良き思い出の車ばかりです。後発のランティスは当時のときめきのデザインを与えられ、いまの魂動デザインに通ずるものがあります。マツダさん、是非ともこの3車種の要素を取り入れたスポーティカーとしてRE(レンジエクステンダー)で復活させて下さい。