2019 Mazda3と2018 Mazda3のセダンの諸元を新旧比較

2019 Mazda3と2018 Mazda3のセダンの寸法も比較してみました。ハッチバックとほぼ同じです。

新旧Mazda3セダンの諸元比較

メキシコマツダのホームページで公開されているセダンのスペックを新旧並べてみました。どちらもメキシコでは、トップグレードにあたります。

比較した車両はこの2車種です。

  • 2018 Madza3:メキシコ仕様セダン / s Grand Touring / SKY-G 2.5 / FF
  • 2019 Madza3:メキシコ仕様セダン / i Grand Touring / SKY-G 2.5 / FF
新旧Mazda3セダンの諸元比較
2019 Mazda32018 Mazda3
外部寸法(mm)全高1,4451,450
全長4,6624,580
ミラー間2,0282,053
ホイールベース2,7252,700
トレッド(前/後)1,556/1,558
内部寸法(mm)頭スペース(前/後)954/931956/952
腰スペース(前/後)1,387/1,2921,411/1,360
肩スペース(前/後)1,414/1,3591,452/1,382
足スペース(前/後)1,075/8911,073/909
機能(L)オイル4.34.3
燃料タンク5151
荷室(リアシート倒す)1,132
荷室444408
重量(kg)重量1,4081,368
総重量1,8701,865
エンジンCO2排出量(gCO2/km)154.9140.3
複合燃費(km/L)15.216.7
タイヤサイズ215/45R18215/45R18

もしかしたら、室内寸法に差があるのかな?と思ったのですが、やっぱりここは同じでした。数値的には、トランク容量が新型では少し大きくなっています。あとは、やっぱり新型が小さいですよね。

広告

フォローする