新車乗用車販売台数2018年11月のランキングが発表になりました

なんとアクセラの販売台数が3ケタになってしまいました! その代りCX-5は持ち直して5,000台を超えています。

2018年 マツダ車新車販売台数(一覧表) – 黄色い部分は、30位圏外になった月を示しています –
CX-8
〈1,200台〉
アテンザ
〈1,000台〉
CX-5
〈2,400台〉
アクセラ
〈2,000台〉
CX-3
〈2,000台〉
デミオ
〈5,000台〉
ロードスター
1月 2,938 279 2,045 1,658 1,323 4,098 498
2月 3,032 310 736 2,208 1,439 5,280 528
3月 4,342 397 9,289 3,050 2,258 7,593 771
4月 2,743 238 1.949 1.064 567 2,774 222
5月 2,484 33 2,219 1,203 2,060 3,519 232
6月 2,918 1,468 3.362 1,449 1,085 3,711 45
7月 2,028 445 2,270 1,267 852 3,413 645
8月 1,313 449 2,105 1,004 1,313 4,013 547
9月 2,477 687 5,018 1,841 2,183 4,643 708
10月 1,396 767 1,118 1,300 1,556 3,482 483
11月 1,984 5,193 804 1,446 3,172
12月

11月 CX-8 アテンザ CX-5 アクセラ CX-3 デミオ ロードスター
合計 27,655 5,073 35,304 16,875 16,082 45,698 4,679

10月のランキングを飛ばしてしまったっ!

それはさておき。アクセラの販売台数が3ケタになっているのは、ショックです。ちらっとインプレッサを見ると、18位で4,822台も売れています。スキャンダラスな出来事があってもそれほど影響はないのでしょうかね。

アクセラは、2018年の商品改良を行っていません。2019年の早い時期に次期型が登場すると思っていたので納得していたのですが、どうも雲行きが怪しくなってきました。せめて、アドバンストSCBSなど安全装備の改良は実施しておいたほうが良かったのかもしれませんね。


自販連のホームページ