次期アクセラ(2019 Mazda3)のテスト車両から少し #2-インテリア

次期アクセラ(Mazda3)のスパイショットでありがたいのは、インテリアがほぼ目隠し無しで撮影されている点ですね。そのインテリアについて気がつくことを少し並べてみます。

ついに、と言うか、とうとうAピラーが”黒色“になるグレードが登場しそうです!! これは大きい!!スモール商品群の多くのグレードで採用されると良いなと思います。
それはそうと、ダッシュボードの形状が、これまでと大きく変わっています。魁 CONCEPTの現実解ということでしょうかね。この形状だと、ミラーレスになる場合は、大幅に改修されるのかもしれませんね。

メーターが、待望の三連(三眼)式になりました。中央だけ液晶のように見えます。数ある特許のどのパターンが採用されたのでしょう?

ハンドルも新形状。コンビスイッチの左レバーには押しボタンがあります。センターコンソールには、ジャバラ式の”フタ”は無いようです。マツコネのコマンダーダイヤルは大きくなっているように見えます。

エンジンスタートスイッチは、センターコンソール寄りになりました。ADDは、コンバイナーではなくWS式みたいですね。ダッシュボードを開くノブが横開きタイプです。運転席から手をのばすときに開けやすくなりました。

マツコネのディスプレイが横長の異型に変更。HazumiやTAKERIなどのコンセプトカーでも見られたい形状っぽいです。



ドア内側のアクセントカラーが”赤色“です。ダークレッドなる茶系の採用はありましたが、ここまで振り切ってくれると良いですわ。しかも、シートも赤色です。これは、ボディーカラーに合わせたものなのか、例えばLパケのように選択できるのか、それとも特別仕様車のものなか…妄想・想像が広がります。

パワーウィンドウスイッチも新形状。ワンタッチのオート式が拡大採用されているのかなぁ。ドアノブのそばにもスイッチがありますね。カーテシランプは…無いですね。(腕に隠れ見えにくですが)ドアヒンジが目立たなくなっているのかな??

もしかしたら、ドライバーの目線からだとプラスチック・プラスチックした部分が、それほど目に入らないかもしれないですね。スモール商品群・Cセグメントでこの質感を作るのですから、ラージ商品群・CDセグメントでは、どうなるのでしょう?!

テスト車両と一緒にVWゴルフやアウディA3を走らせ、対外的にもドイツ御三家のCセグメントがライバルですよ!と見せつけることで、次期型に対する自信を表明する辺りにくいですわ(考え過ぎ?)。

コメント

  1. nana より:

    カップホルダーはどこに行ったんでしょうね。
    エクステリアでは、ドアロックのリクエストスイッチがなくなっているように見える以外にも、リアハッチのオープナーはどこなんだろうというのも疑問。