次期アクセラ(2019 Mazda3)のテスト車両から少し #1-エクステリア

とうとう次期アクセラ(Mazda3)のスパイショットが撮影・公開され、市販車の姿を目にすることができました。そこで、エクステリアで気がつくことを少し並べてみます。

シグネチャーウィングのデザインは、魁 CONCEPTというよりは、RX-VISION…アテンザに近い形状のように見えます。フロントバンパー両サイドのデザインは、魁 CONCEPTから受け継いでいるようです。

日本のナンバープレートだと、シグネチャーウィングに重なるんでしょうかね…。

フロントのウィンカーもアテンザ風味のようです(?)。

フロントウィンドウの両端が高くなり、ワイパーで拭いた雨水等が、横ではなく後ろに流れるようになっているように見えます。

ドアハンドルからスイッチが無くなっているようです。セダンと違ってBピラーは露出しています。

給油口は、左側面。リアドアのガラス後方のカモフラは何故? ここはガラスですよね??

リアコンビランプは、4灯式で両端の外側がストップランプで、左右中央はウィンカーで、内側2灯バックランプでしょうか。魁 CONCEPTとは違い、下に切り欠きがありますね。

マフラーは、円形の2本出し。ハイマウントストップランプは、一般的な横長です。ナンバープレートはバンパーに設置です。

カモフラージュの中に、センサーのような円形がちょいちょい見られますね。

新旧比較

ボンネットの厚み(?)のせいか、案外ノーズが長く見えないような…同じ角度から撮ったものではないので、正しい比較ではないですが…。
タイヤサイズは、どちらも18インチかな?

カモフラージュで「光の移ろい」がわからないので痛いです!


All-New 2019 Mazda 3 Teased – Sleek New Model Debuts This Month

コメント

  1. nana より:

    HUDがガラス投影タイプになってますね

  2. nana より:

    Bピラーの件、多分CGじゃないですかね。レクサスのLSでウインドウとBピラーの段差が2〜3mmに薄型になったと騒いでるくらいなので。