北米マツダ、2019 CX-5を発表。SKY-G 2.5T搭載最上級グレードを追加

北米マツダは、2019 CX-5をシアトルモーターショー2018で発表。2.5Lガソリンターボエンジンを搭載したシグネチャートリムを追加しています。

シグネチャートリム専用装備は、

  • 250-hp, SKYACTIV 2-G 2.5T 4-cylinder engine with Dynamic Pressure Turbo
  • SKYACTIV-Drive 6-speed automatic transmission with manual-shift and Sport Mode
  • SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS with G-Vectoring Control Plus
  • i-ACTIV AWD all-wheel drive system
  • 19″ aluminum-alloy wheels with Dark Silver finish and P225/55 R19 all-season tires
  • Signature badge
  • Frameless auto-dimming rearview mirror with HomeLink
  • LED lighting for glovebox, cargo area and vanity mirrors
  • Unique overhead console with LED room light and down light
  • Caturra Brown Nappa leather-trimmed seats
  • Genuine Layered wood trim
  • Leather-wrapped steering wheel with unique stitching
  • Black cloth headliner
  • 360º View Monitor
  • Front and rear parking sensors

装備を見ると、国内での「25T Exclusive Mode」に相当するようですね。勿論、CarPlayとAndroid Autoに対応しています。

グローバルでリコール問題をおこしたSKY-D 2.2のアメリカでの採用は、いったいいつになるのでしょうね。


2019 Mazda CX-5 Signature Makes North American Debut at 2018 Seattle Auto Show | Inside Mazda