マツダ「SKY-Xは新しいクルマには全て載せていく」

レスポンスによると、マツダは、SKYACTIV-Xを全面改良などを機に順次搭載車を拡大し、すべての車に採用するそうです。

丸本社長は今後のSKYACTIV-Xの展開について「新しいクルマには全て載せていく」と述べ、全面改良などを機に、順次搭載車種を拡大する方針を示した。数量面の計画については「お客様が決めることなので(想定は)難しいが、楽しみにしたい」と普及に期待を示した。量産については「他のエンジンと同じ工場で生産している」とし、柔軟な対応が可能と表明した。

マツダ 丸本社長「新モデルには全て載せる」…アクセラ から展開の新エンジン「SKYACTIV-X」 | レスポンス(Response.jp)

すると、デミオにも載るんですね。SKY-X 1.5ですか? SKY-D 1.5よりも環境性能面で優れているということですよね??

すると、ラインナップは、1,500cc、2,000cc、2,500ccでしょうか。3,000ccはSKY-Dのようですし。

広告
 

フォローする

コメント

  1. jomon より:

    HCCI燃焼はノッキングしないので、大排気量化が可能では無いでしょうか?

    トルクフルな、直4気筒のSKY-3.0Xの登場を妄想しています。
    2.5XTでも良いですけどね。

    ディーゼルは、軽量化の為には直6ですかね。