マツダ、次期CX-3を次世代商品群の第2弾として2019年に発売?

マツダ新型コンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」

中国新聞によると、マツダは、第7世代商品群の第2弾をCX-3にするそうです。

マツダが2019年春以降に順次発売する次世代商品群の第2弾として、スポーツタイプ多目的車(SUV)のCX―3を検討していることが5日、分かった。従来よりサイズを大きくし、現在の最量販車であるSUVのCX―5に近い位置付けにして世界販売を伸ばす。

マツダ、第2弾はCX―3 次世代車で投入検討 | 中国新聞アルファ

以前、日刊工業新聞では、次期CX-3を2019年に発売すると報じていたので、合わせ技で2019年中に次期CX-3が、第7世代商品群の第2弾で発売されるとしています。

日刊工業新聞によると、マツダは、CX-3をアクセラベースに大型化して2019年にフルモデルチェンジするそうです。

コメント

  1. jomon より:

    EV/レンジエクステンダーのベースがCX-3かなと思っていたので、
    妥当な時期ですし、米国対応の大型化も当然でしょうね。

    米国で生産する新たなSUVの方が謎は深いですね。
    CX-3の3列シートのCX-7なら、開発負荷は少ないかもですね。