[特許]マツダ、グリル周りの車体構造に関する特許を出願

マツダは、グリルやシグネチャーウィングを含む車両の前部車体構造に関する特許を出願しています。

特開2018-161983 車両の前部車体構造

課題】オフセット部前端での走行風の剥離に起因する渦の発生を抑制して、空力抵抗の改善を図る車両の前部車体構造を提供する。

【解決手段】車両前部に位置するグリル部13と、グリル部13よりも車幅方向外側に配置されるランプ部14とを備え、ランプ部14前端下部とバンパ部12前端上部とが車両前後方向にオフセットして配置されると共に、ランプ部14前端下部とバンパ部12前端上部とをつなぐ車幅方向に延びるオフセット部19が形成され、ランプ14前側に整流部20を備え、整流部20は、グリル部13の内壁面に沿って車両上下方向に延びて配置される空気流入口と、ランプ部14の車両前側かつ車幅方向内側に位置し、車両上下方向に延びて配置される空気排出口27と、空気流入口と空気排出口27とをつなぐ導風路とから構成されたことを特徴とする。



特開2018-161983 – 知財ポータルサイト『IP Force』(車両の前部車体構造)

パット見、CX-3ぽく見えなくもないですが…シグネチャーが空力パーツになっているみたいですね。

広告
 

フォローする